全身像の次は、フェイスアップ。

  28, 2018 08:16
フェイスアップの方が、ライティングに気を使います。
今回の主題は「可愛いは光の使い方で決まる」です。

当然のことですが、写真とは光を捉えるものです。光を捉える以上、いくらドールが美しくて、ポージングが完璧で、構図も満足行くものだったとしても、光の当て方一つで印象が大きく変わってしまいます。もちろん画像加工なんかで加工できるものとは言え、そこは撮影ブースの強みを生かしたいところです。

一応気にしてみたのは、眼鏡の影と光です。眼鏡の影を消すのはもちろん、レンズに当たった光をわざと出してみました。当然光が顔にかかって隠れてしまわないように留意しています。あとは明るめに露出を設定して、朝の一幕的な雰囲気を狙いました。

ドールそのものは可愛いものですが、その可愛いものを可愛く撮影するには、光の使い方で決まります。撮影は基本的にはカメラを構えてボタンを押すだけの作業です。しかし、そこに少しのこだわりを入れることによって、作業に趣味という奥行きが出るのだと思います。


関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

What's new?