低価格でドールを楽しむ

Welcome to my blog!

あえてハイライトを入れないようにしてみた。

2018/06/02
1/3ドール 0
ドールアイといえば、ハイライトを入れるのが鉄則です。
今回の主題は「たまには基本から外れるのも必要」です。

アクリルアイであれ、アニメアイであれ、ハイライトを入れる方が基本的には可愛くなります。それは漫画やアニメで使われている表現方法ですから、馴染みがあり、見やすいと言えます。ハイライトが入らないドール写真はどこか「ドール色」が強すぎる感じになってしまいます。

しかし、ハイライトを常に入れているキャラこそ、たまにはハイライトを抜いてみると、そのギャップが良い味を出してくれます。ハイライトを無くすことは、そのキャラクターの強い意志や絶望感などを表すことが出来ます。今回は画像加工でもハイライトではなく、暗さを強くしてみました。

ハイライトが無いドールアイは色々なストーリー妄想が出来ます。たまにはハイライトを抜いた写真を撮影してあげると、新しい側面を発見することが出来ます。ちなみにライティングはハイライトが入らないように全体を明るくして撮影しました。暗くすればハイライトが入らないのは自明なのですが、それだと顔全体も暗くなりすぎてしまいます。存外にハイライトを無しにする撮影も難しいものです。

かわいいだけではなく、ストーリー性が想起出来る写真にも挑戦していきたいですね。


s-IMG_1598.jpg
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
さつき
Admin: さつき
兵庫県三木市出身男性。高校までは地元で育ち、18歳で京都へ上京する。立命館大学では哲学を専攻し見聞を広めた。中学生から始めた小説創作は、大学の文芸サークル卒業するまで続く。22歳で愛知県名古屋市の業務用厨房機器メーカー営業職に採用され、学校給食センターや病院などに販売及び納入した。28歳で結婚し、翌年に転職。現在は愛知県武豊町から食品メーカー物流部事務職として会社へ通勤している。32歳で一子を授かり、ドールと子育ての両立を目指す。趣味はアニメ鑑賞と銭湯巡り。
1/3ドール