見せるよりも、隠せ。

  25, 2018 23:07
口元を隠すと、そこに想像の余地が生まれます。
今回の主題は「見えるものが全てではない」です。

ドール撮影において、やっぱり毎回困るのが構図でしょうか。色々なポーズやアングルを探すわけですが、そのまま見せる以上、そこに限界があります。ドールだからこそ、ドール本体を見せたいのは山々なのですが、撮影の幅を広げるには、あえて見せないという選択肢も持ちたいものです。

有名な話で、ミロのヴィーナスは、両腕が無いからこそ、美術品となりえたということがあります。両腕が無いからこそ、そこに見る人の想像の余地が生まれるのです。見せることではなく、隠すことで、より違った姿を見せてくれるものです。

一番簡単なのが、まず口元を隠すことです。口元はどうしてもドールでは固定されているファクターになります。そこをあえて見せないことにより、どういった表情をしているのかを、読者に作ってもらうことが出来ます。口元を見せている写真よりも、少し違った表情になっていると思います。

そういった工夫が出来るところがドール撮影の面白い点と言えますね。


s-IMG_0647.jpg
s-IMG_0641.jpg
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

What's new?