低価格でドールを楽しむ

Welcome to my blog!

ドール撮影ふらり放浪記~名古屋大須編~

2018/03/17
1/3ドール 4
ぼっち撮影の秘訣は、周りを気にしないこと。
今回の主題は「かのとの初めてのお出かけ」です。

長年の目標だった野外撮影をついに達成することが出来ました。とはいえ、まったくの野外撮影は難易度が高いので、ここはドールショップの撮影ブースをお借りしました。1/6サイズなら自分の部屋に撮影ブースがありますが、1/3サイズの場合は、余程のスペースが無ければ作ることは出来ません。趣味はあくまで趣味であり、必要な生活空間までを使うわけには行きません。撮影の幅を広げるには、撮影ブースを借りるというのが一番の近道です。

名古屋大須には私が知っている中で5件あります。その内3件の撮影ブースをお借りさせて頂きました。

まず最初にお借りしたのは「名古屋ドルク」様のブースにて撮影です。撮影ブースの使用条件は、金額を問わずのお買い物です。とはいえ、ドルク様はかなりの高額製品を扱っております。その品質の高さの代償として、1着1万円以上の製品ばかりです。撮影ブースを目的とするならば、小物製品を購入しましょう。
撮影スペースとしては、非常に使いやすい部類だと思います。荷物を置くための机などが用意されているため、撮影機材を広げやすかったです。また裕福層を対象とした値段設定のためか、来客も少なくて気楽に撮影することが出来ました。


s-IMG_0366.jpg
s-IMG_0375.jpg
s-IMG_0376.jpg

次に訪れたのは「名古屋アゾン店」です。こちらの使用条件は3千円以上の買い物です。ドール沼の住人ならば、そこまで厳しい条件ではないはずです。ただし私のようにケチな人間の場合、その3千円分の製品を選択するのに、かなり時間がかかったことは内緒です。
撮影スペースとしては非常にお勧めです。半個室になっており、来店者の目を気にすることなく撮影することが出来ます。小物も豊富で使い放題です。個室ですから、ドールの準備などをゆっくり行うことが出来ます。基本的にはアゾン製品のみのドール対象とのことですが、個室ブースですから、メーカーを横断的に所有している方にもお勧めです。

s-IMG_0422.jpg
s-IMG_0404.jpg
s-IMG_0421.jpg
s-IMG_0427.jpg

最後は「ゆめみ停」様です。基本的には店員様に声をかけるだけで使用することが出来ます。ただし店内は広いわけではありませんから、少し大変かも知れません。しかし、ドール専門店ですから幸いにも来店者も少ないので、そこまで難易度が高いわけではありません。プーリップ等がメインの店舗ですから、ゴシック風味の方が合うかも知れません。

s-IMG_0450.jpg
s-IMG_0453.jpg

あとは「ジーストア」と「ボークス名古屋」に撮影ブースがあります。ただし今回は3件回った時点で、体力の限界を迎えたため、そこで撮影ブース巡りは終わりとしました。「ジーストア」の場合は撮影ブースを無料で借りることが出来ますが、ドール専門店ではないため、来店者が多く、初心者には厳しい部分があります。「ボークス名古屋」は複数ブースあるものの、個室ではないので、さすがに他メーカーのドールを広げるのは不味いと言えます。

以上、名古屋大須の撮影ブース訪問記でした。撮影ブースを回った結果、色々とドール用品を購入しましたので、それはまた次の機会で紹介予定です。
関連記事
スポンサーサイト



Comments 4

There are no comments yet.

えとえと

こんばんは

かなり収穫があったのではないでしょうか♪( ´▽`)

ドルクはウィッグやお洋服の試着も出来るので素晴らしいですね

アイドールは行くことにしたのでしょうか(^○^)?行くならばお気をつけてです〜〜

2018/03/17 (Sat) 18:51

鳴らない携帯

こんばんは。

初めての撮影ブースデビューお疲れさんです。
名古屋は、撮影ブースが多いですね。

関西では、知らないだけなのかも知りませんが、ボークスしか知らないのと、
こちらのアゾンは、狭いのと、撮影ブースはないので、
撮影ブースに連れて行けるのは、DDでのボークス撮影ぐらいですねw

僕も、バリバリと野撮してますが、基本、チキンハートなので、
緊張から常に汗だくと闘ってますw

2018/03/17 (Sat) 20:55
さつき

さつき

Re: こんばんは

撮影ブースを借りようとすると、どうしても少額でも何か買うのが人情ですからね。とはいえ、あまり多くは買っていません。アゾン製でも高い服は1万円しますから、なんとか3千円程度で済まそうとすると、布が少ない衣装になってしまうわけです。

そういえばドールを持っていった時ぐらいしかウィッグ合わせが出来ないですよね。せっかく買ったウィッグがサイズ違いだと目も当てられませんし。何よりウィッグって実際試着しないとイメージ付きませんしね。あと、おいそれと買える金額では無いので慎重になりますよね。

アイドールは辞めておくつもりです。4月に名古屋開催もあるので、そちらにしようと思います。アイドールは正直あまり良い印象はないので、遠距離の交通費を使うのも躊躇してしまいます。何はともあれ、お金がかかりますね、ドール趣味は。

2018/03/17 (Sat) 21:37
さつき

さつき

Re: タイトルなし

名古屋大須は店舗数で言えば5件、撮影ブース数で言えば6件ぐらいありますから、恵まれているのかも知れません。歩いて回れる位置に集合しているのも良いですね。大阪日本橋だと確かにアゾンは狭いですし、ボークスぐらいしか無いですよね。神戸三宮はボークスぐらいだったかな。ボークス製でないと、なかなか撮影ブース難民になってしまいます。ただボークスの撮影ブースは結構誰かが使用しているイメージがありますね。

名古屋アゾンの撮影ブースは、色々な面で非常に初心者に優しいと言えます。他のお客さんの目を気にせずに、個室スペースで思う存分撮影出来ますから。

野撮は誰もいない無人島とかあったらしてみたいですね(笑)。

2018/03/17 (Sat) 21:44
さつき
Admin: さつき
兵庫県三木市出身男性。高校までは地元で育ち、18歳で京都へ上京する。立命館大学では哲学を専攻し見聞を広めた。中学生から始めた小説創作は、大学の文芸サークル卒業するまで続く。22歳で愛知県名古屋市の業務用厨房機器メーカー営業職に採用され、学校給食センターや病院などに販売及び納入した。28歳で結婚し、翌年に転職。現在は愛知県武豊町から食品メーカー物流部事務職として会社へ通勤している。32歳で一子を授かり、ドールと子育ての両立を目指す。趣味はアニメ鑑賞と銭湯巡り。
1/3ドール