アゾン製1/3ドール アイリスコレクト「かの」レビュー

  10, 2017 20:33
今更ながらレビューしていきます。とはいえ、実際は初めて1/3ドール購入備忘録になるかも知れませんが。
今回の主題は「やはり1/3ドールは値段が高すぎる」です。

さて、1/3ドールを購入したわけですが、まず1/6や1/12とは大きな隔たりがあります。その隔たりとは、『価格』です。1/6や1/12の場合は、安価に済ませようと思えば、5千円程度で一式を揃えることが出来ます。メーカー品のドール一式であっても1万円から2万円程度です。勿論、それだけでも高額とは言えますが、まだ「趣味の領域」と言える値段設定です。しかし1/3ドールとなると、その価格は5万円を超えます。1ヶ月の手取りが20万だとすれば、その割合は25%以上となってしまいます。

そんな1/3ドールは、もはや『趣味の領域』ではなく、『美術品の領域』と言えます。アニメ絵の複製原画展など行くと、複製原画が30万円から50万円程度で販売されていますが、正しくそれと同様です。1/3ドールは「玩具」ではなく、「美術品」なのです。「ドールが欲しい」と思う人は、まず1/6サイズをお勧めします。1/3サイズは同じドールとは言え、その性質は全く違うのです。「玩具」のドールとして1/3サイズを購入することはお勧めしません。骨董品の壺を購入するかのごとくの気概が必要なのです。

前置きが長くなりましたが、そんな「美術品」を2017年12月1日に購入しました。通販は納期の件でコリゴリでしたから、店舗でのお出迎えです。ボークスなら、予約すれば「お迎えの義」をとり行ってくれるのですが、アゾンの場合は簡単です。巨大な商品をレジまで持って行って、お金を支払うだけです。多少の恥ずかしさと、5万円という高額費用を払う苦しみはありますが、乗り越えれば無事にお出迎えは完了です。レジ袋に入れてくれるのかと思っていましたが、そこは5万円の力でしょうか。アゾン専用の布製ドール袋に入れてくれます。この袋は、肩に担げるようになっており、傍から見ればガンダムのバックパック状態となります。これにポスターという名のビームサーベルを入れれば、完璧と言えます。ただドールを知らない人から見れば、アゾンと名前が入っているだけの袋にしか見えません。当然中身のプライバシーも100%保護されています。

そんなわけで、箱の状態がこちらですね。とりあえず記事を書いている時点では、箱は押し入れに入れていますが、皆さんはどうしていますか?売るタイミングになる以外は使わないわけですし、そんな長い間、押し入れのスペースを取るのも微妙な感じがしますね。

というわけで中身の確認ですが、とりあえずすぐに袋から取り出して着付けてしまいました。ノアは着付けに大変だという声を聴きましたが、「かの」はそこまで大変ではありませんでした。服のサイズはピッタリですし、何より上着の伸縮性が高く、その豊満な胸のラインを見せてくれます。コルセット風味のスカートも、シンプルながら良いバランスを出しています。靴やイヤーマフラーのモコモコ感がアクセントになって、冬服としては可愛いのではないでしょうか。ストールも付属しているので、ポージング時に動きを出すことが出来ます。胸サイズが最大値の『Iバスト』ということもあり、下着姿も非常に映えます。

ただ欠点が一つあります。それは黒髪ということです。下着姿で放置していたら、目立つわけではないものの、「色移り」したような感じのシミが胸についてしまいました。ただ初心者が綺麗に扱えるわけもありませんから、失敗をしながら前に進んでいきたいと思います。最悪オビツ製ですから、替えの胸が使えるようですし、そもそも胸が大きすぎるので、衣装を変える場合は胸のサイズ変更が必要かなと思っています。

ポージングなどはさすがにオビツ製です。美しいラインを保ちながらディスプレイすることが出来ます。保持力は固めで、スムーズに動かすことは難しいですが、逆にしっかり固定してくれるところは好感が持てます。ただ微妙に手首パーツが落ちやすい気がするのが残念ですが、頻繁に落ちるわけではありません。

あとはアイリスコレクトでは3人目の「かの」さんになるわけですが、3人の内では一番好みな顔立ちをしているのと、冬服なので、デフォルト衣装でドールの関節部分を全て隠すことが出来る点が優れています。ただ、写真写りが悪い気がしますが、それは腕が足りないからですね。

というわけで、あまりレビューになっていない気もしますが、1/3ドールと言う名の芸術品、末永く楽しめれば良いなと思っています。


IMG_9071.jpg
IMG_9075.jpg
IMG_9098.jpg

関連記事
スポンサーサイト



Comment 2

11
2017
鳴らない携帯  
2017,12.11 (Mon)  02:03

こんばんは。

たしかに1/3ドールは、ポンと出せる金額じゃないですよね。
趣味の中じゃ、やはりかなり割高なほうかなって感じですね。

お金のかかる趣味だと鉄道模型もありますが、
この金額に値するとなると、大手メーカー製の、
HOゲージの4両基本セットあたりより高額ですしねw

後、箱は、僕は、置いてますw
ちなみに箱に関しては、初音ミクの箱とかは、アゾンと同じような感じですが、
同程度の値段の割に、DDの箱は、通常は、かなりしょぼいですよw

それと、アゾンの布袋、これ案外重宝してます。
自転車とかで蛍光灯の長いのを買ったりする時に、
これに入れると、肩に担いで、持って帰りやすいのでw

Edit | Reply | 
11
2017
さつき  
2017,12.11 (Mon)  23:24
Re: タイトルなし

5万円というと一眼レフと同額ですから、本来は毎日使うぐらいにしないと元が取れないわけです。ただ、その巨体ゆえに気軽に撮影出来ないという矛盾があったりしますね。バシバシ毎日撮影するぐらいなら、十分に楽しめるわけですが、まずは撮影環境が無いと辛いですね。

箱はどうしようかなと思ってしまいます。うーん、いつか捨ててしまう気がしますね。DDの箱の方が高級そうな気がしますが、その辺りは「お迎えの義」をするのが前提なのかな。

せっかくの1/3なので、公式の撮影ブースなんかを活用するために、ドールバックなんかが欲しくなってしまいますね。ただ、その前に撮影ブースを借りに行く勇気の方が必要なのかも知れませんけどね。アゾン製なので、ボークスの撮影ブースが使えないのは仕方ないところですよね。

アゾンの袋は、ある意味レアですよね。これを所有している人は1/3ドールを買った事がある証となるわけですからね。

Edit | Reply | 

What's new?