低価格でドールを楽しむ

Welcome to my blog!

大きい子の撮影は大きい労力が必要。

2017/12/10
1/3ドール 0
うーん、やっぱり1/3ドール撮影は手間がかかります。
今回の主題は「逆光の自然光+フラッシュでの撮影」です。

1/3ドールで上手く撮影出来る人の凄さを、実際に1/3ドールを撮影してみて分かりますね。自然光ですから、雲に隠れてしまうと明るさも変わってしまいます。1/6ドールなら、環境さえ整えればカメラの腕がなくても、なんとかなりますが、自然に立ち向かうには、カメラ側での調整が必要だと言えます。

ポージングやバランスは、やっぱり1/3ドールの方が美しく見えますね。ただ、その分自然なポーズをしてあげないと、違和感が出てしまいます。1/3ドールは撮影よりも実際に見た方が良く見えてしまいます。それはきっと、私が十分に撮影出来ていないことを意味しているというわけです。


IMG_9271_20171210110559ca9.jpg
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
さつき
Admin: さつき
兵庫県三木市出身男性。高校までは地元で育ち、18歳で京都へ上京する。立命館大学では哲学を専攻し見聞を広めた。中学生から始めた小説創作は、大学の文芸サークル卒業するまで続く。22歳で愛知県名古屋市の業務用厨房機器メーカー営業職に採用され、学校給食センターや病院などに販売及び納入した。28歳で結婚し、翌年に転職。現在は愛知県武豊町から食品メーカー物流部事務職として会社へ通勤している。32歳で一子を授かり、ドールと子育ての両立を目指す。趣味はアニメ鑑賞と銭湯巡り。
1/3ドール