ドール撮影なのに、ドールを撮影しなくなった日

  08, 2017 22:27
たぶん2年間以上撮影して、初めての試みとなります。
今回の主題は「あえて顔を撮影しないでみた」です。

二年間以上も撮影してようやく到達した境地ということでしょうか。ドール撮影といえば、必ずドールを可愛く撮影するものです。しかし背景布を使うことにより、背景も写真の一部となりました。ドール撮影の幅の広がりというのは、ドール以外に拘るということです。そしてついに今日、禁忌を犯したのです。ドールの顔を一切写さないという撮影です。

ようやく達した境地ですが、挑戦してみると、これが中々難しいです。ドールの後ろ姿だけで絵を作るため、構図や角度に苦労しました。本当はもう少し空間を広く見せたかったのですが、ドール支持棒を隠したり、背景布の大きさの限界であったり、角度の問題など難しい点は山積しています。ただ、初めての試みではあったので、何かと新鮮でした。

皆様の挑戦してみてはいかがでしょうか。


IMG_8763l.jpg
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

What's new?