三人麻雀と四人麻雀の違い

  06, 2017 23:02
ようやく麻雀格闘俱楽部で黄龍になりました。
今回の主題は「三人麻雀と四人麻雀は全くの別ゲーム」です。

三人で行う麻雀と、四人で行う麻雀では打ち方を変えています。普段は半荘メインなのですが、黄龍になるにはいずれかのモードで「三連勝」する必要があり、必然的に3人の内に1人一位になれる三人麻雀をしました。最初はあまり勝てませんでしたが、打ち方を変えることで対応することが出来ました。

以下が違いです。

三人麻雀:速度と打点重視
四人麻雀:防御と受け広さ重視

三人麻雀は牌が少ないこともあり、四人麻雀では引き入れることが難しい対子でも比較的簡単に引くことが出来ます。さらにドラが当たることも多く、満貫以上は普通に出ます。さらに防御に回ったとしても、待ちが思わぬところである場合も多く、上がられることも多々あります。そんな中では多少の危険を冒しても打点重視で打つべきです。そしていかに早く「聴牌即リーチ」を打てるかがポイントになります。

四人麻雀は4人で行う関係上、直撃さえ避けることが出来れば、最低4位になることは滅多にありません。直撃を避けながら、上がれる時に上がるというのが基本となります。半荘の場合は平等なら8回に2回しか上がれるチァンスはなく、6回は防御する必要があります。冷静に捨て牌などを見れば、比較的直撃を避けることは容易です。悪い待ちよりは広い待ちを選び、しっかり上がるような最終形を目指すべきです。

同じゲームでも、打ち方を変えるところに、それぞれの面白さがありますね。


IMG_8713L.jpg
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

What's new?