扇子と手作り着物:長門 有希

洋風ドレスも良いけど、和風着物も良いと思うわけで。
今回の発生した費用は500円となります。

100均の浴衣とは異なり、手作り品になるため、布が分厚いです。それが質感を出している一方、着膨れの原因になっています。もちろん胸は一番小さいタイプのボディを使用しています。やっぱり浴衣は日本人体型に合わせてデザインされているのだと思います。キャラクターとのイメージはすごく合っていますね。ちなみに自分で作った服ではないので、作り方は他のサイト様を参照してくださいね。

手に持たせている扇子は金山駅内の本屋で発見しました。もともとは本のしおりなのですが、サイズがドールにぴったりだと思い購入。扇子を閉じることはできませんが、薄い金属板に細かく模様が描かれており、小物としてはお薦めです。残念ながら裏面は模様が無いですが、見せないように持たせれば問題ないです。値段もリーズナブルなので購入しやすいのが良いです。金属ですが薄いので軽く、重たさに腕が負けることもありません。その変わり、曲がりやすいのが欠点です。それと鉄扇といえば「うたわれるもの」のハクオロを思い出してしまうのは私だけではないはず。

≪使用素材≫
手作り着物 1着  金額設定不可
扇子のしおり 1個 500円


関連記事
スポンサーサイト
Category: 長門有希ちゃんの消失
Published on: Tue,  24 2015 18:56
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment