低価格でドールを楽しむ

Welcome to my blog!

『計る』ということ

2017/09/23
IS‐インフィニット・ストラトス‐ 0
ちょうど計量関連の講習会に参加したので、ふと感じたことを一つ。
今回の主題は「計量法とは計量の基準となる計量単位を確定すること」です。

私たちは何かを計測するときには、必ず計量単位を用います。距離であればメートル、重さであればグラムと言った感じです。計量の基準となる計量単位のあるものに関しては良いのですが、その基準が無いものに関しては、私たちはしっかりと計測することが出来ているのでしょうか。

その一つが「幸せ」です。色々な計測方法が研究されているとはいえ、いまだに幸せを規定する統一した計量単位が定められていません。しかしながら私たちはつい他人と比較することがあります。「あの人より幸福な人生を送っているのかどうか」。それは所持金の差であったり、所有している車の種類であったり、人生観であったりと、色々な角度から「幸せの比較」をしているのです。

ところで、もし「幸せの単位」が決定されたら、どうなるのでしょう。その幸せの数値がスマホなんかに表示され、、誰でも自分の幸せの数値がリアルタイムで見ることが出来たら、私たちはどのように過ごすのでしょうか。ウェアラブル機器も少しずつ出てきた中で、地かい将来、自分の状態を数値化出来るようになるのかも知れません。それはあたかも「HP」や「MP」なんかのあるRPGゲームのように、です。虐めなんかによる攻撃に対して、ダメージという数値が表示されるようになったら、世の中はどうなるのでしょう。

そんな、ふと思ったことを題材にして、昔は小説を書いていました。もし時間なんかあれば、また小説を書いてみたいものですね。


IMG_8285_20170923072417c26.jpg
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
さつき
Admin: さつき
兵庫県三木市出身男性。高校までは地元で育ち、18歳で京都へ上京する。立命館大学では哲学を専攻し見聞を広めた。中学生から始めた小説創作は、大学の文芸サークル卒業するまで続く。22歳で愛知県名古屋市の業務用厨房機器メーカー営業職に採用され、学校給食センターや病院などに販売及び納入した。28歳で結婚し、翌年に転職。現在は愛知県武豊町から食品メーカー物流部事務職として会社へ通勤している。32歳で一子を授かり、ドールと子育ての両立を目指す。趣味はアニメ鑑賞と銭湯巡り。
IS‐インフィニット・ストラトス‐