ドール以外の趣味:麻雀

たまにはドール以外のお話を。
今回の主題は「人の趣味は複数から構成される」です。

よく「趣味は何ですか?」という質問があります。色々思い描くのですが、なかなかこれというものが出てこないのが常です。それは趣味が無いのではなく、趣味が沢山あるからです。広く浅く趣味を持っている人は特にそうなります。特筆すべきものが無いから趣味が無いのではなく、特筆すべきことまで趣味を深めていないためにおこるのです。どんな事柄であっても深めれば趣味となりえるのです。

というわけで、ドール以外の趣味で何があったかと考えると、一つに「麻雀」が考えられます。大学時代に流行って、それに乗ったわけです。多少の金額を掛けたりして、社会人になっても楽しんでいましたが、今は周囲に麻雀を行う人がいないので、専らゲームセンターでプレイしています。半荘200円ですから、上手くいけば1時間程度楽しめるため、コストパフォーマンスは抜群と言えます。

パチンコやスロットなどのギャンブルの仲間ではありますが、他とは異なる部分があります。それは運要素100%ではない点です。他のギャンブルはほぼ運要素が99%以上と言えます。パチンコやスロットなど、ハンドルを回したり、ボタンを押したりする作業はあるとは言え、その実は胴元により確率は管理されています。競馬や競輪なども多少の情報戦などはあるとはいえ、蓋を開けてみないと分かりません。宝くじなんかは全て運と言えるでしょう。そんな中、比較的運要素が少ないのが麻雀です。

麻雀は運要素が70%程度あると感じています。基本的に自分の手牌は運ですし、自摸牌だって運です。運が良ければ腕は必要ありません。しかし唯一プレイヤーに選択肢が残されています。それは「押すか、引くか」です。麻雀は「押し引き」が決めることが出来るのが醍醐味だと思います。全て押すだけなら、効率牌などから、どの人が打ったとしても、ほとんどが似た手順となってしまいます。しかし「押し引き」の部分は人に寄ります。捨て牌により、確実では無いものの、ある程度の読みや現物というシステムを使えばロンを避けることが出来ます。どこまで「押し」て、どこまで「引く」のかが個性の出る部分なのです。

とは言っても運要素が強いゲームであることは否定出来ません。どんなに捨て牌から読んだとしても、牌の入り方が2パターンに絞られるため、可能性は50%までしか読めません。現物は100%安全ですが、それだけでやり過ごせる方が稀です。運さえ良ければ、自分で自摸上がり出来るわけですから、どんなに頑張ったって運には負けてしまいます。

しかし勝負事には運要素が無いと人は好まないようです。それの一例としてゲームセンターの「将棋」が流行らなかった点があります。将棋ゲームもインターネットを介して対人戦を行うのですが、運要素が無い場合は実力だけがモノを言うことになります。そうすると弱い人は必ず負けてしまい、強い人だけが残ってしまいます。プロを目指すのではない限り、弱い人は「次こそ勝てる」というモチベーションを維持することは出来ません。何より勝つだけならスマホなりで優秀なCPUを搭載した将棋ゲームを片手に行えば、手軽に勝ち続けることは出来るでしょう。麻雀の場合だと運さえ良ければ、たとえ初心者でもプロに勝つことは出来ます。ただし「勝ち続ける」もしくは「負けないように続ける」には歴然とした差があることは否定出来ませんが。

そんな「運」と「自分の意志」とが混ざったゲームだからこそ、運からくる「ドキドキ感」に加えて、自分で選択する「面白さ」があるのです。本当はお金を掛けると、さらに真剣さが増すので面白いのでしょうが、ゲームの場合は過去のデータが残るので、そういう部分で真剣みを出せば良いと思います。

本来は遊び程度にお金を掛けて、顔を合わせて、ワイワイ楽しむのが一番面白いのですが、友達の少ない管理人の場合は、お手合わせしてくれるのはドールぐらいなのが悲しいところ……。というわけで、今回はここまで。



IMG_8028_20170819202746acb.jpg
関連記事
スポンサーサイト
Category: 初音ミク(DIVA版)
Published on: Sat,  19 2017 20:30
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

2 Comments

鳴らない携帯  

こんばんは。

麻雀、僕は最初、全くルールすら知らなかったのですが、
一時期ゲーセンによくあった脱衣麻雀で、かなり初心者向けに、
作られたアイドル雀士スーチーパイをやりたくて、ルールを覚えましたw
その後、セガサターンに移植され、後は、同じ移植作で、
一世を風靡した脱衣ゲーの、スーパーリアル麻雀シリーズとかもプレイしましたが、
所詮は半荘なんですよねw

後は、バイト先で、発泡スチロールと段ボールで作った麻雀牌で、
バイト先のメンバーと休憩時間にやった思い出がありますが、
手作りなので、所々パイの内容を覚えてたりするお笑い仕様でしたw

2017/08/19 (Sat) 23:23 | REPLY |   

さつき  

Re: タイトルなし

そういえば、私もPCゲームのleaf『フルアニ』で覚えたような気がします。ゲームから覚えるというのは存外に多いかも知れませんね。脱衣麻雀ってリアルであったりするのでしょうかね。まあ、ソフトオンデマンドあたりを探せば出てきそうですが(笑)。

ゲームセンターも良いですが、やっぱり人と打ちたいものです。ただフリー雀荘に一人で入りに行く勇気は無いかな。点数計算だって、まともには出来ませんから。ただ牌を触って打つのが本来良いわけで、牌に模様が彫ってあるのは盲牌をして、脳を活性化させるためだとか聞いたことがあります。

将棋や麻雀なんかは学校で教えても良い気がしますよね。若い人はスマホなんかのゲームに行ってしまうわけで、やっぱり結構ルールを知らない人とかも多いですから。

2017/08/20 (Sun) 22:08 | REPLY |   

Post a comment