フィギュア撮影とイラスト撮影の違い

フィギュアを撮影するのか、一枚絵を作るのか。
今回の主題は「私は一枚のイラストとして写真を撮影したい」です。

最初の頃から撮影が変わってきたのは、やはりイラストとしての写真を意識してからでしょうか。最初の頃はドールを作って、そのドールを撮影することを目的としていました。そうなると必然的にドールが中央に位置し、それ以外は不要なものとしていました。確かにそういった撮影方法もあります。特にフィギュアレビューなんかは主役を全面に出すため、背景は無地を使うことも多いです。

ただし私の場合は、基本的に絵付きの背景布を使っています。背景も立派な一つのファクターとなります。どこにフィギュアを置いて、背景空間を出すのか、そういった意識で撮影するようになりました。すると、中央にフィギュアを置くだけではない工夫が出来るため、撮影の幅がぐっと広がりました。同時にイラストとして物語が意識出来るようにしています。

同一のフィギュアですが、撮影方法だけでも全然違った側面を見せてくれます。その辺りが撮影の醍醐味というものなのでしょうね。


IMG_7521.jpg
関連記事
スポンサーサイト
Category: 初音ミク(DIVA版)
Published on: Mon,  17 2017 19:11
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment