低価格でドールを楽しむ

Welcome to my blog!

凝った衣装だと、なかなかポーズが自由出来ない。

2017/07/15
月姫 0
どうも、この衣装はポージングが難しいです。
今回の主題は「ポージングに差が出せない場合は、カメラやフォトレタッチで差を出そう」です。

基本的にはドールの顔に影を出さないようにライティングをしています。影を出すと、はっきりと顔が見えないためですが、今回は敢えて影を出すようにスポットライトを集約してみました。影を出す、つまり光と影の差を強調することにより、立体感を出すことが出来ます。背景に関しては白飛びするまでスポットを明るくして、逆に暗いところは殆ど背景が見えないぐらいまで暗くしてみました。遠目から見れば、あまり背景布っぽさが消えてくれたのではないでしょうか。

背景布を使う時は、下記2点が良さそうです。
①コントラストを強めにする。
②光と影の差をしっかりとつける。

どうしても元々は布であるがゆえに、立体感はありません。その立体感を出すために、いろいろPCで画像を調整してみましょう。

そういえばボーナスが出たわけですが、ドール・PC・カメラレンズなんか欲しいとは思うものの、今壊れて使えないわけではない点で、なかなか買い替えが出来ないのは私だけでしょうか。まあ今の装備でもブログ更新に対して出来ないわけではないので、結局贅沢品となるわけですからね。


IMG_7412a.jpg
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
さつき
Admin: さつき
兵庫県三木市出身男性。高校までは地元で育ち、18歳で京都へ上京する。立命館大学では哲学を専攻し見聞を広めた。中学生から始めた小説創作は、大学の文芸サークル卒業するまで続く。22歳で愛知県名古屋市の業務用厨房機器メーカー営業職に採用され、学校給食センターや病院などに販売及び納入した。28歳で結婚し、翌年に転職。現在は愛知県武豊町から食品メーカー物流部事務職として会社へ通勤している。32歳で一子を授かり、ドールと子育ての両立を目指す。趣味はアニメ鑑賞と銭湯巡り。
月姫