お題用に撮影したけど、しっくりこない時。

個人的には、写真でお話が想起出来るようなものが作りたいかな。
今回の主題は「お題に沿って撮影するのは難しい」です。

Twitterのお題に対して、実はリアルタイムで撮影することは稀です。なかなか仕事が遅かったりすると、やっぱり過去の遺産で投稿する方が楽なのです。お題に対しては、特に堅く考える必要はありません。たとえ写真は違っていても、文字だけで対応するというのもありです。

それでも、たまには練習用にお題に沿って撮影しています。お題に沿って撮影するのは、漫然と撮影するよりも楽しいと思います。どのようにお題に対して対応しようかと、ポーズや角度を考える必要があります。そういった縛りが写真の構図を考えるきっかけになるわけです。何か自分に対して課題を与えるのは良いことだと思います。

ただ、課題に対して忠実にしようと思うと、少し写真のストーリー性が薄くなってしまいます。おそらく、そのストーリー性の低さが微妙に感じるのかも知れません。野外の背景布で「ひざをつく」というのは少し無理があったかも知れません。

まあ、個人としては挫折ばかりの人生ですから、毎日ひざをついていますね。ただ実際写真にしようとすると、なかなか難しいものですね。


IMG_7397_201707122253235ae.jpg

関連記事
スポンサーサイト
Category: 月姫
Published on: Wed,  12 2017 23:02
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

2 Comments

さかえはじめ  

お題に沿っての撮影って難しいです。
本当に思います!
Twitterでお題出されても、ひらめきが起こらない……。
でも、何枚も何枚も撮影してきたら、何となくストーリーができてくる……ときがあったらいいなぁ……。
さつきさんの撮影経験は日に日に蓄積されていってるみたいでうらやましいです!
写真を撮るにつれて、何かのシーンのワンカットに似てるかも……なんて思う時がくるのかもしれませんね♪
負けてられないです!(個人的に刺激されやすいタイプです)

2017/07/13 (Thu) 01:00 | REPLY |   

さつき  

Re: タイトルなし

毎日撮影続けていくと、その日その日で写真の出来が違うものです。三歩進んで二歩下がるのが常です。下手すれば五歩ぐらい下がっているのかも知れませんが。
それでもブログを始めた頃の写真に比べれば、まだマシになった気はします。機材や環境が違うのは当然ですが、やっぱりドールだけ、というより背景含めたドール写真として意識していることが、違いでしょうか。
毎日撮影するには、やはり撮影にすぐ入れる環境作りでしょうか。気軽に撮影に入れることが重要です。後は時間ですが、以前テレビゲームをしていた時間を当ててますね。限りある時間で終わらせるのも大切ですね。

2017/07/13 (Thu) 22:26 | REPLY |   

Post a comment