3,700円のドール服を高いとみるか、安いとみるか。

そろそろブログ名を変更した方が良いのかも知れません。
今回の主題は「ドール服の造形に対して、どれだけ支払うことが出来るか」です。

久しぶりに大須でドール服を購入しました。今回は結構手が出そうな服が多かったのですが、最終的に下記写真のものを選択。お馴染みの『ゆめみ亭』さんより、プーリップ製のドール服となります。低価格でドールを楽しむとか言いながら、この服も3,700円しています。さてさて、そろそろブログ名も返上しなければいけないような気がします。

とはいえ、私的には高額な料金を支払う価値があると思い、購入しました。私の財布の紐を緩めるのは一筋縄ではいきません。やはり造形に満足行く中で、それに見合った費用であることが大前提です。実はアゾンでも一式の衣装は沢山あります。しかしアゾン製はどうしてもアニメチックな部分もあり、作り込みが甘く見えます。確かに悪くはないのですが、新品で6,000円の費用を掛けるほどの品質にはどうしても見えないのです。

高額なドール服は結果として長く使うことになります。つまり安価な服をたくさん購入するよりも、高額な服を長い期間使う方が良いという見方も出来ます。結局ドール服もドールに着せないと、単なる布でしかありません。この衣装は勿論ジャケット無しにして楽しむことが出来るので、プレイバリューも高いと言えます。

やっぱりプーリップ製がドール服的に最強な感じがします。しかしフィギュアヘッドを使う関係上、プーリップ用の帽子が使えないのが少し勿体ないです。なかなかプーリップの頭サイズのフィギュアはありませんから。当然ですが、こちらの服はアウトレット品なので、少し布がほつれていたりするわけですが、そのあたりは仕方ないかな。

ただ、こちらも基本的には着せ替えしないドールとして、永久欠番になってしまいそうです。


IMG_7343.jpg

関連記事
スポンサーサイト
Category: 月姫
Published on: Sat,  08 2017 20:48
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment