二人撮影は奥深い

自由度の高い反面、非常に難しいのが二人撮影です。
今回の主題は「いかにしてシーンを切り取るか」です。

最初はお題「ひっぱる」通りに、一人を引っ張って歩いている感じにしようかなと思っていました。しかし、それはそれでありふれた感じなので、構図を変えてみました。最初は二人横並びにしていたのですが、奥行き感を出すために前後へ配置。どちらを前にするかで悩みながら、結局こんな感じになってしまいました。

二人撮影は1/6サイズだからこそ出来る芸当です。十分な撮影ブースがある場合は別ですが、やっぱり小さいからこそ全体を映すことが出来ますね。躍動するシーンを切り取ることが魅力的な構図のポイントでしょう。やっぱりアニメのポスターなんかを参考にするのが良さそうです。

仕事なんかで辛い現実ですが、写真の中ぐらいは楽しいシーンを撮影したいものですね。


IMG_6865_20170608215455788.jpg
関連記事
スポンサーサイト
Category: ハナヤマタ
Published on: Thu,  08 2017 22:06
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

2 Comments

さかえはじめ  

お仕事お疲れ様です……!
遠近感が出て、ぐっと引き込まれる感じの風景に感じます!
写真技術が高いのも、さつきさまの魅力ですね♪

2017/06/09 (Fri) 08:35 | REPLY |   

さつき  

Re: タイトルなし

お褒め頂きありがとうございます。

ただ写真技術というほどは物撮りではない気がしますね。
写真のポイントはカメラや腕というよりは、やっぱり撮影環境です。
物撮りの場合は、やっぱり撮影環境を考えるのが最も近道です。

私にとっては、野外撮影で綺麗にドールを撮影されている方が凄いと思いますね。
自然光で美しく撮影するには、やはりカメラ側の応用力が必要なわけですし。
一度、店舗の撮影ブースを借りたことがありますが、全然うまく撮影出来なかったのを覚えています。

何より楽しんで工夫するのが一番の秘訣ですね。

2017/06/09 (Fri) 22:08 | REPLY |   

Post a comment