生き生きした写真を求めて・・・。

  04, 2017 20:13
ドールを撮影するということは、背景に拘るということ。
今回の主題は「一枚の絵として、撮影してみよう」です。

時期は全く違いますが、秋の背景に変えてみました。この背景、最初の頃はあまり使っていなかったのですが、「背景布は濃く編集する」という感じでやってみると、存外に空間の広がりを再現することが出来ます。こういう時は笑顔が素敵なハナちゃんの出番ですね。なんだかんだで、一番気に入っているドールなような気もします。髪の毛部分にも表情があるので、何かとダイナミックなポーズが決まります。

ドール撮影はドールばかりに目が行きますが、ドール以外に拘るからこそドールが輝く場合もあります。背景とドールを合わせるようになって、何かと幅が広がった気がします。野外撮影は出来ないですが、野外撮影が出来ないからこそ違う方法を模索することが出来るのです。

やっぱり何かしたいけど壁があるから諦めるのではなく、別の方法を探し出すというのが面白いと思います。1/3が買えないからこそ、1/6で頑張るわけですから。


IMG_6835.jpg
関連記事
スポンサーサイト

Comment 2

04
2017
さかえはじめ  
2017,06.04 (Sun)  23:43

こんばんは。
背景布、やはり侮れませんね……。
世界観が広がって、娘さんも輝いて見えます!
工夫しているのって楽しいですよね♪

Edit | Reply | 
05
2017
さつき  
2017,06.05 (Mon)  21:30
Re: タイトルなし

背景布は何かと楽しいですね。そのまま撮影するよりも、やっぱり加工することにより深みが増します。そのまま使っていた時は、ちょっと微妙に感じてはいたのですが、ちゃんと立体感が出るように撮影すると、ぐっと良く見えます。

何より小物を集めるよりも場所を取らないのは利点です。10枚程度所有していますが、普段は丸めて保管することが出来ます。小物だと、なかなかこうはいきませんから。

Edit | Reply | 

What's new?