「暗い」という美しさ

ほとんどが「明るめ」の調整をしています、が・・・。
今回の主題は「光の強弱により生まれる遠近感」です。

パソコン画像の加工で、部分加工を施しているのは今まで紹介している通りです。写真全体のコントラストや明るさを変えるソフトは比較的多いと思いますが、部分的に変更できるソフトがお勧めです。基本的には明るめに調整することが多いのですが、今回は空間の広がりを出したかったので、あえて暗めの調整をしてみました。

全体を暗くするだけでは、なかなか遠近感は出ません。また背景布を使っての遠近感はスポットライトによる変更は出来るものの、限界があります。そこはやはり画像加工に頼るのが一番ではないでしょうか。

あと、何気に久しぶりにデカールアイっ子を使ってみました。ロングヘアの方が好みですが、ショートヘアだと扱いが楽で良いですね。さっぱりした感じが新鮮に感じます。アイが多少ずれているのは、自作の宿命ですかね。ただドールヘアの光沢は、フィギュアヘッドばかり撮影している身としては、美しさを感じてしまいますね。


IMG_6743.jpg
関連記事
スポンサーサイト
Category: オリジナルドール(アイペイント)
Published on: Sat,  27 2017 11:43
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment