【特別企画】オビツ24・比較レビュー

個人的には名前をガラリと変えた方が良かったような気もします。
今回の主題は「オビツ24は今までの素体と使用用途が全く異なる」です。

というわけで、オビツ24を今更になってお迎えしたわけですが、その使用感をオビツ23と比較しながら紹介します。
一枚絵だと違和感が少ないですが、並べてみると大きく違うのが特徴です。


というわけで、まずは全体像からです。
23オビツと24オビツ、たった1cmしか違わないのに、かなり受ける印象は異なります。例えるなら、ドラゴンボールのザーボンさんの変身前後ぐらい違います。小さいので当然ですが、オビツ23の方がかなり華奢に見えます。腰の括れが強調されており、パッと見ると、オビツ23の方が好みだと感じてしまいます。ただ、同ヘッドを使っているわけではないので、印象が違ってしまうのは当然です。オビツ24の方は、もう少し大きいヘッドでも良いかも知れません。首が太い関係上、ヘッドの穴あけは10.5cmまで広げています。これはオビツ27と同様の穴サイズと言えます。
IMG_6537.jpg

オシャレは足元から。
ここは大きく違うので注意です。可動域は差ほど変わりませんが、問題は足の大きさです。オビツ24は大きめに作られているので、オビツ23で使用出来ていた靴が入らない可能性があります。ただ見た目はオビツ23の方が優秀でしょう。爪の彫りが再現されています。初めてオビツ関連を買ったときは「どうしてこんなに足が小さいのかな」と違和感を覚えたものです。ただ見慣れてしまうと、あまり感じなくなる不思議があり、今だと逆にオビツ24の方が違和感が出てしまいますね。
IMG_6538.jpg

膝部分はかなり改善されています。
見た目が圧倒的に美しくなりました。この辺りは1/3サイズに負けないのではないでしょうか。太ももはガッシリと太くなり、ムチムチ感がアップしています。ストッキングなど加えると、美しさが際立ちます。可動も十分です。
IMG_6540.jpg

腕部分はロボット感が少なくなってくれました。
衣装で隠れるとはいえ、やっぱり露出の多い服の場合は、バリなんかは気になる部分ではあります。手の部分は、唯一不満点です。手首の美しさを出すため、可動域が犠牲になってしまっています。オビツ23のつもりで大きく動かすと、手がポロリしてしまいます。このあたりは可動を犠牲にしないでほしかったところです。手首の表情は、やっぱり大きく影響を受けるところですから。手も一回り大きくなっています。変に手が小さいよりは良いかも知れませんね。
IMG_6544.jpg

胴体は後ろ側に大きくそらすことが出来るようになりました。
S字を作りやすくなったのは良い点です。しかし調子に乗って動かし続けると、胴体部分の関節が外れることがありました。特に壊れるというわけではありませんが、衣装を着た状態で元に戻すのは面倒です。見えない穴に通すのは困難なので、複雑な衣装を着けた場合は気を付けた方が良いでしょう。括れ部分は少なくなっていますが、この辺りは何歳のキャラを作りたいのか、という部分で変わってくるでしょう。比較的幼い感じのキャラの方が良いですね。
IMG_6542.jpg

肩部分は、イカリ肩が解消されています。
可動域は大きく違いません。ただ隣と比べると、かなりガッシリしている印象を受けてしまいます。ヘッドはやはり大きめの方が良いでしょう。首回りも太目なので、ニーモあたりのヘッドが良いと思います。リアル調とは正直相性が良いとは言えないでしょうね。
IMG_6543.jpg

以上、比較レビューでした。
同じオビツの名を冠しているものの、その使い道は大きく異なるのが特徴です。使用するヘッドなどを気を付けて、適材適所として活用するのが良いのではないでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト
Category: 魔法少女まどか☆マギカ
Published on: Sun,  14 2017 08:07
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment