低価格でドールを楽しむ

Welcome to my blog!

ラッセン風味に仕上げるコツ

2017/05/07
ボーカロイド(その他) 0
特別好きというわけではないけど、青を基調とした幻想感を強くしてみました。
今回の主題は「幻想感とはコントラストの強調と見たり」です。

前回写真では明るめに調整しましたが、今回の調整は「コントラスト」です。かなり強めの加工を掛けてみました。少し強すぎて画像が潰れている感じもしますが、それはそれで味になっているのではないでしょうか。背景布なので限界はあるのですが、もう少し地平線あたりを工夫すれば平面間は薄れる気もします。

絵画やイラストを参考に画像に加工を掛けていくと、「美しい=現実味に近い」ではなく、「美しい=色の強調」というのが分かってきます。現実を写し取り、そのキャンバスに書き込みをしていくのがイラストですが、写真と異なり、映像に自分の思想を埋め込むことが出来るわけです。それが印象派なんて呼ばれるのでしょうか。デジタル化された写真を扱う現代では、同じことが簡単に行うことが出来ます。とりわけドール撮影なんかの非現実性を映し出すものとは相性が良く、撮影後に加工を行うことでメリハリ感やフェザー感を調整することが出来ます。

最近は引き気味にアングルが多いですが、背景布の良さを引き出すようにしています。ドールのアップ写真も魅力的ではありますが、1/6を扱う関係上、1/3にない強みは「その小ささ」です。背景布をいっぱいに使うことが比較的容易ですから。ただ微妙に背景布だけで所有しているものが10枚に近づいているのは秘密です。うーん1枚千円程度ですから、意外にお金を使っている感じですね。

ただ必ず使うという点では、ドール服より出番が多いので決して悪いわけではないとは感じますけどね。

IMG_6447.jpg
IMG_6447_201705070723259bf.jpg
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
さつき
Admin: さつき
兵庫県三木市出身男性。高校までは地元で育ち、18歳で京都へ上京する。立命館大学では哲学を専攻し見聞を広めた。中学生から始めた小説創作は、大学の文芸サークル卒業するまで続く。22歳で愛知県名古屋市の業務用厨房機器メーカー営業職に採用され、学校給食センターや病院などに販売及び納入した。28歳で結婚し、翌年に転職。現在は愛知県武豊町から食品メーカー物流部事務職として会社へ通勤している。32歳で一子を授かり、ドールと子育ての両立を目指す。趣味はアニメ鑑賞と銭湯巡り。
ボーカロイド(その他)