4/16アイドール名古屋に行ってきました。

どケチな私がお金を出したものとは?
今回の主題は「金銭感覚が外れてくれないのが私の特徴」です。

さてさて、早速アイドールのレポートです。実際写真を撮影して、この文章を書いている時点では、まだアイドールは続いていたりするわけですが、私は場合は会場に一時間半程度滞在させて頂きました。まあ入場料もかかるので、ある程度滞在はさせて頂きました。もちろん会場と同時ぐらいに到着したのですが、やっぱり凄い人でした。まさか、この人の列じゃないだろうな、と思ったものが、やっぱり入場待ちの人たちでした。私も最後尾に並んだ後、当日券を購入して入場しました。

前回に来た時と大体同じ程度の混雑さでした。人気場所ではすれ違うのも大変な感じでした。基本的には前回と同様の内容で、少ないですが1/6ブースを中心に回ってきました。1/3サイズの方がブース数が多いので、質の良いものと出会う機会も多かったです。価格的にも良心的なので、こういう時は1/3を持っていないのが悔やまれるところです。服自体は1/3の方が良く見えてしまうので、そろそろ一体ぐらい所有したいものですが、まあ我慢かな。

1/6の方ですが、結果として2着購入しました。そのうちの一つの衣装がこちらです。価格は1,000円。実はこれ単体ではなく、他にもワンピースなどが入ったセット袋のものです。当然と言えば当然ですが、価格はディーラー様が決めるものです。強気な金額設定もありましたが、こちらの分に関しては良心的な価格設定でしたね。

それにしても、久しぶりにイベントに行くと、この業界の人の多さを実感しますね。ドールを所有している人ならば、やっぱり衣装を購入したいと思うのは当然です。独身の人が増え、少子化の時代だからこそ、ドールを求める人も多いのかも知れません。実際、私も独身なら迷わずに1/3を購入していたことでしょう。ただ世帯を持ち、新しい命の授かる前になると、どうしても一歩が踏み出せない部分ではあります。だからと言って、ドールを辞める理由にはならないですがね。

あと、カメラ講座などもありましたが、結局参加しませんでした。遠隔フラッシュを活用したカメラ講座でしたが、すでに多灯ブース環境の私にとっては微妙な感じもしました。一眼レフの遠隔フラッシュも魅力的ではありますが、部屋撮りならば、やっぱり多灯環境を備えた方が安価に仕上がります。野外撮影メインなら導入するのも有りかもしれませんが、2万円程度の費用を出すかと言われると疑問符が出ますね。

本当なら友達と行くと楽しいと思うのですが、一人ぼっちの参加は、やはりどこか寂しい感じはしますね。


IMG_6192.jpg
関連記事
スポンサーサイト
Category: ソードアートオンライン
Published on: Sun,  16 2017 14:46
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment