1,680円の下着

久しぶりに衣装を購入してみました。
今回の主題は「やっぱり納得いかない服の値段」です。

リカちゃん人形などの汎用品を除けば、ドール世界は基本的に一点ものが多いものです。特に私のように新品ではなく中古を狙う人は顕著で、毎回行くドールショップでも、その日によって品揃えが変化しています。とはいえ、1/6で品質の良い服となると、やはり高額になってしまいます。今日も「これ、いいな」と思ったドレスが、なんと6,800円。うーん、確実に自分の着ている服よりも高額です。きっと3,980円ぐらいなら即買いしていたことでしょう。

しかし何も買わないで帰るというのも交通費が勿体ないものです。背景布をとりあえず1枚購入して、あとは写真の下着1,680円を入手しました。下着にしては非常に高額です。今やコンビニの成人向け雑誌でも女性下着が3着ほど付属して1,000円なんてものもあるわけで、コストパフォーマンスからすれば非常に悪いわけです(何のパフォーマンスなのかは置いておいてネ)。

ただ、ちょうど私の前の客が家族連れで、小学生ぐらいの女の子のために、プーリップドールを購入していたのを鑑みると、私もまだまだなのかも知れません。ただ子供の玩具にしては1万5千円は高額な気もするわけですが、そこは年収の違いということなのかな。

写真の方は下着姿というわけで、エロ担当の方にいつも通りの登場です。最近になって全体像ではなくアップ写真も取り入れてみたわけですが、意外に良い絵が出来上がります。1/6サイズということもあり、通常の鑑賞だと、そこまで近づいて見ることは少ないからこそ、カメラを通した世界が新鮮に映るわけです。普段見ない角度からの写真というのが面白い気がしますね。

あと、いつの間にかWindows標準の写真ビューアがバージョンアップされているのに気が付きました。ペンによる手書き入力対応とUI周りの一新がされていましたが、なかなか使えますね。画像加工は直観作業で簡単に出来るソフトの方が良いです。フォトショップなんかでも同じことは出来るのですが、写真修正ぐらいの用途ならば不要なものが多すぎます。短時間で出来るソフトを選ぶのがお勧めですね。

IMG_5909 (2)
IMG_5903 (2)
IMG_5914.jpg
Related Entries
Category: ボーカロイド(その他)
Published on: Sat,  25 2017 20:40
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment