1/6の純情な感情を表現してみた

フェイス写真へ挑戦です。
今回の主題は「標準レンズでも意外に寄れる」です。

1/3への憧れの理由に、フェイスアップ写真が綺麗なことが挙げられます。大阪ボークスの「天使のすみか」だと、まるで人顔負けのお化粧机が広がっていました。利用したことはないですが、ここで化粧メイクなんかをするのでしょうね。一人ひとり違う表情が、オーナーへ特別な気持ちを抱かせるのでしょう。

1/6サイズの場合、改造をするにはあまりにも小さすぎます。そんな中で、どうやって表情を出すのか。それは撮影角度とライティングしかありません。アップ写真に限り、ボカシを入れています。あとはどこまで妄想を入れるのか。実は黒ストッキングを履かせていて、是非活用したかったのですが、泣く泣くカットです。その代わりに胸のラインを出してみました。

ただフィギュアヘッドの場合は、どうしても髪のバリが出てしまうのが辛いですね。高級フィギュアならまだしも、プライズフィギュアだとこれが限界なのでしょうね。それでも、このヘッドは頑張っている方だと思います。

表情が出にくいフィギュアヘッドで、どこまで表情を出すことが出来るのか、挑戦するのも面白いかも知れませんね。


IMG_5824.jpg
関連記事
スポンサーサイト
Category: ボーカロイド(その他)
Published on: Wed,  22 2017 23:46
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

2 Comments

ごにぎり  

こんばんはです(^^)/
さつき様はフィギュアの表情の引き出し方、凄く上手いと思います!こだわって撮られているといつも感心しています(^^♪
さて、このルカシリーズ、以前の写真もですが胸の見せ方がとんでもなくえっちぃ…素晴らしいと思います!

2017/03/23 (Thu) 01:03 | REPLY |   

さつき  

Re: タイトルなし

えっちぃ感じにしようとすると、なぜか気合が入るものですね(笑)。
たまにブログを始めた初期の頃の写真も見るのですが、毎日撮影していくと、少しずつ変わったのが分かりますね。独学で撮影しているわけですが、カメラの世界は「習うより慣れろ」なのかも知れません。撮影ブースの充実からライティング環境に一眼レフなど、色々試行錯誤した結果、今があるのは間違いないでしょうね。
ただ、毎回うまく撮影出来るわけでもないので、長い目で見て頂ければ幸いです。

2017/03/23 (Thu) 22:12 | REPLY |   

Post a comment