今夜のお題「ドールのあし」

特別企画、Twitterメインで写真撮影です。
今回の主題は「強い執着心があればあるほど、写真は映えるもの」です。

Twitterにて「深夜のドール撮影60分1本勝負」用に撮影しました。お題は「ドールのあし」。脚フェチマスターの私にとっては真剣に挑むべきお題でした。というわけで、ありふれたポーズではあるものの、なんとか頑張ってみました。1/6の可動域の限界に挑みながら、素体の魅力で負けてしまう1/3への挑戦です。

しかし、どこかで1/3への劣等感が私の中にあります。どこまで1/6で太刀打ちできるのか。負けると分かっている戦ほど、逆転した時の面白さはありません。さてさて、どこまで頑張れることなのでしょうか。


IMG_5346.jpg
関連記事
スポンサーサイト
Category: ボーカロイド(その他)
Published on: Wed,  01 2017 23:24
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

2 Comments

鳴らない携帯  

こんばんは。

中々、魅力的な作品ですね。
室内での撮影、毎回、色々と挑戦されていて、良いと思います。

我が家には1/6にオビツ1/3とDDもと居ますが、
実際、大きさはともかく、差は、あまり感じないですよ。

可動範囲は、よく動くオビツはともかく、
DDはピュアニーモといい勝負かなって感じです。

後、素体のセクシーさを出すなら、素体に薄く化粧を施すのも手ですよ。
肌にグラデーションが乗るだけで、かなり息を感じるようになりますよ。


2017/03/01 (Wed) 23:59 | REPLY |   

さつき  

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

野外だと自然光という制限がありますが(その分、撮影舞台は無限にあるわけですが)、室内だとライティングから調整出来ますし、何よりじっくり落ち着いて撮影出来るのが魅力ですね。

1/3はずっと言いながら、結局今に至ります。単純に今の3倍の撮影ブースが必要というのが、一番のネックかも知れません。大きさが違うと、撮影方法も違うのかも知れません。

ピュアニーモは肌の露出が多い時に使っています。腕の曲がり具合とかはもう少し頑張ってほしいところです。1/6新型オビツボディはいつ市場に出回ることかしら。

肌の化粧は思いつきませんでした。今度頑張ってみようかな。

2017/03/02 (Thu) 09:28 | REPLY |   

Post a comment