たまにはブログの意味を考えてみる。

あなたは何のためにブログを続けていますか?
今回の主題は「ブログを続けるために、ブログを続けています」です。

インターネットが普及した今、全ての人が端末を所持し、いつでも情報を収集することが出来るようになりました。それと同時に、全ての人が端末から情報を発信することが出来るようになりました。Twitterやインスタグラムがその最たる例で、ある事例に対してコメントを加えたり、自ら情報を拡散することが出来ます。ネット世界では一見すると匿名性が高いため、誰とも言えぬ悪意が向くと、それは「炎上」という言葉で表現される事態となります。ある一部の人の刹那の感情の高ぶりが世界を覆い、真実となるわけです。

とはいえ、誰もが可能性を秘めているだけで、誰もが世界を変えることが出来るわけではありません。そこには、やはりごく一部の影響力のある先導者だけであり、その殆どが先導者の意見を拡散させるための「伝書バト」となるわけです。確かに自分の意見が入っているのかも知れません。しかしその実は短文の殆どがオウム返しです。自分の意見を述べるには、やはり短すぎると思いますし、その短い文章の中には理は少なく、赤ん坊の泣き声のように感情の叫びでしかありません。ライブ会場で歌うのは一人だけで、その他観客は「合いの手」しか発することが出来ません。声はあれど、感情はあれど、そこに意味はありません。しかしSNSの普及した今、時にその声は、その感情は歌い手を潰す勢いを持つまでになりました。

理が無い叫び声は創造を生み出すことはありません。赤ん坊の泣き声から新しい意見を発見するのは困難です。文句だけを声高にいう人は、その実代替案が無いことも多いです。ただ現状に不満があり、それを壊したいという破壊衝動しか無いのです。当然私も色々不満はありますが、結局のところ代替案の無い凡人だからこそ、黙って仕事して、不満は飲み会で洗い流すのです。

そんな中、Twitterやインスタグラムではなく、私がブログを選択し、続けている理由は下記の通りです。ブログは他のSNSと違い、自ら「創造」することが出来る点があるためです。Twitterなどを活用し、何かに対して叫び声を上げる、つまり確かに物事を破壊するのも楽しいこともあります。共感してもらうと嬉しいでしょう。ただ、ふと振り返るとそこには何も残っていないのです。確かに短文という声は残っているでしょう。「いいね」を押して貰った数字は残っているでしょう。しかし自ら作ったものではないのです。やはりSNSは何かを作り、残すという点に関しては苦手なのです。

ブログは誰も見ていないとしても、そこに確かに残っていきます。その書いたことは積み重なっていきます。積み重なったことが、いつしか作品となるのです。それが他の人にとっては無価値なものかも知れません。それでも私にとっては、少なからず価値があるはずです。何かを創造すること、それ自体に楽しみはあります。つまり「ブログを続けるために、ブログを続けている」のです。創作活動は、それ自体で立派な楽しみであり、価値があります。何かを作ることは、何かを創造することは楽しいものです。

と言いながら「一応Twitterのアカウントも持っているので、良ければフォローお願いします」というオチで、お後が宜しいようで…。(TwitterIDは画面右上のアイコンから展開して、最下部に設置しています。このブログの更新情報を受け取ることが出来ます。とはいえ、Twitter独自の活動は基本していませんので悪しからず)。


IMG_4912.jpg
関連記事
スポンサーサイト
Category: ボーカロイド(その他)
Published on: Mon,  13 2017 09:42
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

2 Comments

えとえと  

こんにちは

私は自分のやりたいことや夢、目標があるのであればどんどん情報発信していくべきだと考えています。

さらにブログであれば積み重ねてきたものが見直しやすいですよね。

誰も見ていないとしても、ありますがとても参考になる記事もありますし私はまた拝見したいと思います('ω')

昨日の記事ですがうちも気付いたらタブレットやらスマホやらパソコンやら電子機器に囲まれての生活になってしまいました(*'▽')

あとVRは早く普及してほしいもので、是非映画などをあれで観てみたいと思います。

2017/02/13 (Mon) 17:12 | REPLY |   

さつき  

Re: こんにちは

続けてのコメント、誠にありがとうございます。

「自分のやりたいこと」がなかなか保つのが難しいので、維持するためにブログを続けているというのもありますね。確かに子供の頃は何もせずともやりたいことばかりでした。しかし大人になって、社会の荒波に晒される中、いつしか「自分のやりたいこと」を忘れがちになってしまいます。社会で生きていく中では、何か一つぐらいは趣味を持ち続けたいものです。

毎回参考になることが書ければよいのですが、何かの参考になれば幸いです。出来るだけドールは外さずに、色々なことに挑戦していければ良いなと考えています。

PSVRはまだまだ普及していないですから、もし販売されれば購入してみたいものです。

2017/02/13 (Mon) 18:21 | REPLY |   

Post a comment