サイズによるタブレットの使い分け

これで何個目になるのやら。
今回の主題は「タブレットは用途に応じて使い分けよう」です。

スマートフォンが出始めて以来、私たちは電子機器に囲まれるようになりました。ウェアラブルというには早すぎるのかも知れませんが、一人一つスマートフォンを持つ時代において、人間とデバイスが一体化する時代も、そう遠い未来ではないような気もします。そんな中、私用ではありませんが、また新しいタブレットを購入しました。8インチのアンドロイドタブレットです。

電子デバイスは下記のように使い分けています。

① 5インチ以下(スマートフォン)…情報収集のため。ポケットに入ることが必須条件。
② 7~8インチ(アンドロイド)…主に電子書籍のため。片手で操作できるように350g以下であること。
③ 10インチ以上(Windows)…キーボード必須。ブログなどの創作活動のために使用。持ち運びのために1㎏以下であること。

上記とは別にノートパソコンも所有しています。しかし年代物であるがゆえにバッテリーが死んでいるため、基本的には動かさずに、電源とは繋がりっぱなしになっています。そのため有線ランで繋がっているので、重たいファイルをDLするときに活用しています。無線で事足りる時代とはいえ、やはり接続が切れてしまう恐れはあります。またDVDドライブがあるので、音楽を取り込むことに専ら使用しています。また42インチのテレビに接続しているので、大画面で操作したい時にも活用出来ます。とはいってもユーチューブやDVD再生ならばPS4でも可能であったりもしますが。デスクトップパソコンは所有していません。いつか自作してみたいとは思っていたものの、PCゲームや高度な創作活動をしない限り、宝の持ち腐れになってしまいます。

世の中は本当に変化が激しいものです。ほんの10年前まで、こんなにPCが身近になるとは思っていませんでした。これからはARやVRの時代になっていくのでしょうか。あとはPCデバイスの出力先の進化が問われると思います。上述したように複数端末を持つのは、画面の制約のためです。今はパソコン自体スティック状まで小型化出来ています。あとは色々なところが出力先になることが課題でしょうね。今でも駅に展示されている広告は電子媒体になっています。そのうち至るところで電子画面が普及して、どこでも自分のパソコンで情報を見れるようになったりするのかな。

そうなる前に、私の所有しているタブレットは何台目になっていることやら。


IMG_4905.jpg
Related Entries
Category: ボーカロイド(その他)
Published on: Sun,  12 2017 23:12
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment