あなたならどう撮影する?

躍動感を出すにはバストアップがお勧めです。
今回の主題は「あえて全体像を映さないのも一つの方法」です。

下記の写真から、あなたならどう撮影しますか?



躍動感を出すために、マミさんの特徴である銃を大きく広げたポージングをしてみました。そのため全体像を映す場合は、どうしても引き気味のアングルとなります。これはこれで有りなのですが、そうすると少し迫力に欠けるイラストとなってしまいます。ドール衣装の全体を見せたくなるものなのですが、ここは敢えて一部をフレームアウトさせると「フォトイラスト」っぽくなります。

ビジュアルアニメ雑誌などを見て頂くと分かるのですが、存外に全体像のイラストって少ないものです。よくカットされるのが『足元』です。ひざ元ぐらいまでのカットが多いことに気づきます。ヘッドは画面の上三分の一を占めて、あとは胴体、腰回りで占められています。

とはいえ、せっかく手持ちしている銃を映さないのも少し残念です。一本は諦めて、もう一本は中央に配置しました。ただし絞り値を下げると悪い意味でボケてしまい、銃自体が良く分からなくなってしまいます。二次元っぽく狙うために、一眼レフではありますが、最近は絞り値を高めにして撮影しています。背景をぼかして人物を際立出せるのが物撮りの鉄則ですが、遠近感の強い構図の場合は逆にした方が良い場合もあります。

今回はあまり気にしなかったのですが、アップにすればするほど気をつけた方が良いのがライティング管理です。もう少し明るく撮影しても良かったかなと思います。この辺りは撮影後の画像加工でも取返しは効きますね。

どんなイラストが格好良く見えるかを考えながらフレームを覗き考えるのも楽しいですね。イラストの描く腕がなくても、案外思い通りの絵を書くことが出来るのが魅力なのではないでしょうか。

IMG_4804.jpg

関連記事
スポンサーサイト
Category: 魔法少女まどか☆マギカ
Published on: Sat,  04 2017 07:46
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment