結構難しいドレス撮影

衣装が完成されていると、撮影の幅が逆に狭まります。
今回の主題は「それでも飽きはやってくる」です。

どんなに素晴らしいドレスでも、やっぱり変化のないところでは飽きが来てしまいます。完成度が高いと、逆に大胆なポージングが取りにくい感じがします。美しい景色は誰が撮影しても同じようになってしまうのに似ているのかも知れません。こういう場合は、やっぱり違うドールを撮影するに限ります。いったん別の撮影をすることで、新しい発想が出ることもあります。極めるならひたすら撮影し続けるのも一興ですが、趣味の場合は色々挑戦する方が楽しむことが出来ます。

オビツドール新型が通販では販売が始まっているようです。店舗に並ぶのはまだ先のようなので、ゆっくり待つとしましょう。可動域が広がっていると嬉しいですね。アゾン・ボークスと試しましたが、結局オビツボディ一択な感じがします。素のままだと手足のバランスとか一見すると微妙で、角ばった肩部分はお世辞にも美しいとは言えません。しかしドール服を着た状態の可動域はピカイチで、大きな破綻なく見ることが出来ます。シームレスボディもあることは知っていますが、結局服を着せるなら影響は少なかったりします。

全然関係ありませんが、忍空の「それでも明日はやってくる」は名曲だと思うわけです。ジグザク迷い続けていて、近道なんてないのでしょうが、趣味はマッタリ続けていきたいものです。


IMG_4658.jpg
関連記事
スポンサーサイト
Category: IS‐インフィニット・ストラトス‐
Published on: Wed,  25 2017 23:34
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment