高額ドール服の特徴≪多段成型≫

それは圧倒的な存在感を醸し出す理由。
今回の主題は「そのフリルの多さは圧倒的だ」です。

写真からもわかるように、このドール服は多段成型で作られています。上半身こそ布を継ぎ合わせた1枚成型であるものの、スカート部分は大きく2枚に分かれています。さらにフリル部分の装飾は下部分だけで5種類も装飾が施されています。上部分のギャザーはとんでもなく細かく刻まれています。さすがに裏面は糸屑などありますが、それでもしっかりと縫われているので、多少の扱いにも耐える作りとなっています。

下着としてパニエも装備されていますから、その膨らみは格別です。ついスカートの中を覗きたくなる魅力を兼ね備えています。ここまで作り込まれているので、見ているだけでも満足感があります。高額だけど、高額には理由があるのが分かります。妥協のない装飾の多さに加えて、破綻の無いデザインは到底真似することが出来ません。技術的に作れたとしても、そのセンスは玩具の域を一歩超えている感じがします。

豪華絢爛な衣装の作り込みは、さすがにフィギュアでは再現困難ではないでしょうか。さらに布であるがゆえに自由に表情を変えることが出来るのはドール服ならではでしょう。

確かにドール服に5,900円を出すのは狂気の沙汰でしょう。しかし鑑賞すればするほど、価格相応の満足感を与えてくれますね。


IMG_4598.jpg
関連記事
スポンサーサイト
Category: IS‐インフィニット・ストラトス‐
Published on: Sun,  22 2017 18:19
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

2 Comments

めろ子  

こんにちわ~!
さすが6000円近くのゴージャスなお洋服なだけありますね(;゚д゚)ゴクリ…
ここまで細かくてフリフリなドレス、作ろうと思ったら多分、布代と装飾代だけで3000円近くかかかると思います。
細かい装飾とフリル沢山、レース沢山ですから、製作手間賃を考えると納得のお値段かと。
私もこういう服を作ってみたいけど、さすがに無理ですわ~!(笑)

2017/01/23 (Mon) 16:34 | REPLY |   

さつき  

Re: タイトルなし

こんにちはです。

他のドール服とはやっぱり一味違いますね。生地もしっかりしていますし、多段構造なので立体感もあります。これに関しては、やっぱり写真よりも実物を見せたいですね。元々のお値段がどれくらいなのかは分かりませんが、これぐらい出来が良いと満足感がありますよね。実際はアウトレット品(中古品か店舗で使用したもの)で、出典元が分かりません。新品だとお値段がもっとするのかも知れませんね。

裁縫をしたことがないので、どれぐらいの工程が必要なのか想像がつきません。一番難しいと思うのは、センス良くデザインすることでしょうね。100均グルーガンで作ったことはありますが、やっぱりデザインに一番時間がかかりました。

ブログの意図とは反しますが、また見かけたら購入したくなりますね。

2017/01/23 (Mon) 22:03 | REPLY |   

Post a comment