二次元VS三次元

ソフィーのアトリエ、ハマってます。
今回の主題は「三次元も進化したと思いますが、やっぱり二次元派」です。

ソフィーのアトリエは結構楽しいです。早送り戦闘と収集の気軽さによって、ついつい次に進めてしまう魅力があります。良い道具によって、さらに先へ進める快感は、昔ながらのJRPGを思い出します。レベル上げって今の時代古臭い感じですが、少しずつ前に進んでいく感覚は、やっぱり繰り返し作業すら楽しくさせてしまうのです。

進化の目覚ましいゲームですが、二次元の表現を三次元に置き換えることも容易くなってきました。ソフィーのアトリエでも3D表現が多くなり、立ち絵すら3Dで表現されています。そんな中でも二次元表現である「一枚絵」は今もなお残っています。二次元表現は3D表現ではなかなか再現できない、細かいキャラクターの表情があるのが魅力です。やっぱり、まだまだ二次元表現がなくなることは無い気がしますね。


IMG_4068.jpg
関連記事
スポンサーサイト
Category: ハナヤマタ
Published on: Tue,  13 2016 22:37
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment