「よくうごく、キレイ。」

最近硬質ボディも見直しています。
今回の主題は「たまには硬質ボディも触れてみよう」です。

オビツボディには大きく分けて二種類あります。柔らかい胸が堪能できる『軟質ボディ』と、手足部分と同様の素材で全て出来ている『硬質ボディ』です。男としては柔らかい胸が良いわけですが、ドールにとっては案外どちらでも変わらなかったりします。裸状態の見栄えは確かに違いはありますが、結局服を着せてしまうわけで、遠くから見るだけでは、大きく違わなかったりします。ハンドパーツなどの付属品の違いはありますが、硬質ボディの方が安価なのは確かで、1,200円程度で入手することが出来ます。これに既製品のフィギュアヘッドと100均ドレスにプラモデルの武装をつけたのが、このドールというわけです。

1/12サイズのフィグマに比べて1/6なので存在感が違います。さらに自分で工夫することによりフィグマよりもオリジナリティの高いものが制作可能で、なおかつ安価です。衣装も布製なので可動を邪魔することはありません。ドールヘアと異なり扱いも楽ですし、表情のある髪型のヘッドならドールヘアに引けを取らないと思います。

アクションドールの場合は、やっぱり武器を持たせると楽しいですね。武器だけのガンプラも販売しているので、「美少女×武器」は簡単に再現出来ます。1/6サイズの良い部分ですよね。


IMG_3978.jpg
IMG_3966.jpg
IMG_3974.jpg
IMG_3964.jpg

関連記事
スポンサーサイト
Category: IS‐インフィニット・ストラトス‐
Published on: Tue,  06 2016 18:42
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment