どっちが好み?

露出補正のみ変えてみました。
今回の主題は「実はひっそりと造花に紛れて本当の花も入っているよ」です。

PC加工をせずに露出補正の違う写真を取ってみました。ちなみにライトの量自体は変わっていません。カメラの露出補正は結構重要です。光過ぎてもいけないし、暗すぎても微妙です。コンデジでも変更は可能なので、まずは露出補正で遊ぶのが良いのではないでしょうか。一番写真の出来栄えに差が出ます。

今日は友達の結婚式でした。そこで頂いた生花を使ってみました。勿論全部ではなく、100均一の造花と一緒に使っています。うーん、明るい方の写真で手前の部分が本物の花なのですが、造花とそんなに印象が変わらないですね。元々アニメ調のドールなので、少し不自然な大きさの方がドールと合うのでしょう。生花の場合だと、当然枯れてきますし、扱いも慎重にする必要があります。やっぱり造花が一番使いやすいですね。

結婚式の後ぐらいでないと手に入らない生花ですが、上手く違いを出すことが難しいですね。たまにはドール以外も撮影してみるのも良いかも知れませんね。その場合は背景布よりも単色の布の方が良さそうですね。やっぱりカメラは奥が深いです。

でも肝心な結婚式には一眼レフを持って行かない私だったりします。まあ、そこにはプロのカメラマンがいますからね。


IMG_3874.jpg

関連記事
スポンサーサイト
Category: To loveる ダークネス
Published on: Sat,  03 2016 23:56
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment