左顔は苦手

イラストはフィーリングで書いてます。
今回の主題は「続・イラストブログ」です。

イラストって何処から書きますか。本来は多分大まかに全体を書いてから、バランスを見て、細かい部分を書くのが正解だと思うのですが、私の場合は目から書いています。そうすると、同じような構図ばかりになって、結局単なる立ち絵ぐらいしか書けないヘタレになるわけです。

それは顔の向きでも言えます。最初に真似ようとした絵が右顔だったのです。そのため左顔となると上手く書くことが出来ないのです。それに書くたびに出来が変わります。偶然顔のパーツ位置が決まれば良くなるのですが、フィーリングで書いているがゆえに絵が安定しないのです。顔ばかり書いていたので、体なんかは全然書くことが出来ませんし、そもそも気合が入らなかったりします。手のデッサンなんて全然できなくて、5本指を書くのも億劫で、適当に書いてしまいます。

一番最初は「ジャポニカノート」の動物を模写したのことでした。そこからSDガンダムなんかを書いていましたが、いつしか美少女に変わったわけです。逆におっさんの絵とかは全然書けませんね。というか書こうとは思わないだけかも知れませんがね。


関連記事
スポンサーサイト
Category: 手書きイラスト
Published on: Fri,  18 2016 00:41
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment