低価格でドールを楽しむ

Welcome to my blog!

TVゲームと現実との関係

2016/09/30
プラモデル 0
人は何のためにTVゲームをするのか。
今回の主題は「人は多様な世界を望むもの」です。

よくゲームは一日一時間と言われます。理由はゲームにハマり、現実での生活に支障をきたすためだと思います。私も子供の頃は、かなりゲームをした方でした。大人になると、その忙しさからプレイ時間こそ減りましたが、31になった今でもゲームを嗜みます。

そもそもどうしてゲームをするのか。勿論面白いというのもあります。それ以上に、私は「現実逃避」だと考えます。現実自体が面白いのならば、ゲーム自体をプレイする必要はありません。しかし現実はゲームのように上手くいきません。ゲームの中ならレベルが上がれば強くなって、強大な敵にも立ち向かうことができますが、現実は仕事の中で強大な上司に立ち向かうことは許されません。今日は良くても明日はダメなこともあります。強くなるどころか、弱くなることもあります。理不尽なことも我慢する必要があります。

そんな楽しい一辺倒ではない現実を直視し続けることに対して、たまには息抜きが必要です。それが趣味というものです。生きることに対して、その一時だけは無関係なことをする。それが人によって、ドールであったり、TVゲームであったり、読書であったりするわけです。現実だけでは生きていくことが難しい、それが今の日本だと思います。

ただし、そんな余暇すらも少なく、残業が多いのが日本の特徴です。携帯電話により24時間365日戦場となります。そうして現実以外に生きることが出来なくなってしまうと、やはり心に支障をきたすのではないでしょうか。ゲームを否定する意見も多いですが、鬱の多い今だからこそ、ゲームと現実のバランスを取る必要があるのではないでしょうか。

以上、ここ最近、仕事でトラブル続きで、その処理対応で長時間労働している私の愚痴でした。


IMG_2904.jpg
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
さつき
Admin: さつき
兵庫県三木市出身男性。高校までは地元で育ち、18歳で京都へ上京する。立命館大学では哲学を専攻し見聞を広めた。中学生から始めた小説創作は、大学の文芸サークル卒業するまで続く。22歳で愛知県名古屋市の業務用厨房機器メーカー営業職に採用され、学校給食センターや病院などに販売及び納入した。28歳で結婚し、翌年に転職。現在は愛知県武豊町から食品メーカー物流部事務職として会社へ通勤している。32歳で一子を授かり、ドールと子育ての両立を目指す。趣味はアニメ鑑賞と銭湯巡り。
プラモデル