低価格でドールを楽しむ

Welcome to my blog!

改造前フィギュア:リリィ

2016/09/18
ボーカロイド(その他) 0
無名のキャラフィギュアにも光を。
今回の主題は「作品やキャラに拘らずに探すと良いフィギュアが分かるようになる」です。

「フィギュアは観賞用の壺と同じ」ということを記事で書きました。つまり購入者は誰でも鑑定士であり、そのフィギュアの出来の良さを個々に判断しているのです。フィギュアショップで購入するフィギュアを手に持っている人を見ると、それはさながら「お宝探偵団」の鑑定士の様相です。箱から垣間見るフィギュアの造形を鋭い眼光を持って、判定しているのです。もちろん「作品やキャラが好きだ」という理由からフィギュアを選ぶ人もいるでしょう。それでも無作為にフィギュアを選ぶことはしないでしょう。これはドールやドール服を選ぶ人も同じではないでしょうか。

そこでフィギュアを選ぶ上での判定基準をまとめてみました。

①作品の知名度:好きなキャラかどうか
②ポージング:躍動感があるかどうか
③塗装:グラデーションや塗装のはみ出しの有無
④造形:衣服の繊細さ
⑤顔のバランス:元のキャラと似ているかどうか
⑥髪の表情:流動感や髪の毛の先端処理
⑦パンツ:見えないところまで作りこんであるか
⑧大きさ:フィギュア自体の大きさ
⑨価格:出来にあった価格設定か

正直このフィギュアのキャラ自体は良く知りませんが、フィギュア自体の価値はプライズ製品を超えているのではないでしょうか。腕や背中にあるタトゥーも上手く表現されています。衣装のなびき方や、その隙間から見える柔肌は、なかなかセクシーです。パンツによるお尻の食い込みもなかなか素晴らしいものがあります。

ポーズや衣服を自分で選ぶことの出来るドールの場合は、単純に衣服を着せて写真を撮るだけではいけないということです。その点フィギュア撮影よりも難しく、奥が深いことが分かりますね。

≪使用素材≫
Lily from anim.o.v.e プレミアムフィギュア Lily ( リリィ )  780円

IMG_2807.jpg
IMG_2787.jpg
IMG_2801.jpg
IMG_2796.jpg
IMG_2805.jpg
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
さつき
Admin: さつき
兵庫県三木市出身男性。高校までは地元で育ち、18歳で京都へ上京する。立命館大学では哲学を専攻し見聞を広めた。中学生から始めた小説創作は、大学の文芸サークル卒業するまで続く。22歳で愛知県名古屋市の業務用厨房機器メーカー営業職に採用され、学校給食センターや病院などに販売及び納入した。28歳で結婚し、翌年に転職。現在は愛知県武豊町から食品メーカー物流部事務職として会社へ通勤している。32歳で一子を授かり、ドールと子育ての両立を目指す。趣味はアニメ鑑賞と銭湯巡り。
ボーカロイド(その他)