何を持ってメイド服とする?

これはメイド服ではありません。
今回の主題は「衣装は組み合わせて使ってみよう」です。

前回の記事で、「メイド服持ってないなぁ」と思いながら、久しぶりに机の下のドール服を探していると、修道院風の服とエプロンを発見しました。ならば考えるのは一つです。組み合わせてみると、あら不思議。エセメイド服の完成です。いかがでしょうか?本来は全く関係無い組み合わせですが、少し工夫で新しい衣装が出来るのはドールの面白みですね。ベースとなる服はワンピース構造が多く、個別に購入すると余計に高くなるので進んでは購入していません。しかしエプロンなどの色々な衣装に親和性の高い衣装は多く所持していても損は無いですね。

そもそも『メイドエプロン』は色々な服と組み合わせることが出来ます。着物と組み合わせるだけで、和風メイド服が出来ます。もちろん単体でも使用可能で、男の夢である(?)裸エプロンなんかも再現可能です。どんなものでもメイド服にしてしまう『メイドエプロン』。色々なバリエーションを作って販売したら、案外売れそうな気がするので、どこかのドールディーラーさん、お願いします。

エプロン一つで再現してしまうメイド服。ということは「エプロン=メイド服」ということなのでしょうか。実はもう一つ外すことが出来ない要素があります。それが「メイドカチューシャ」です。普通のヘッドを取り付けると、かなりメイド要素が減ってしまいます。やはりヘッドドレスの装着は外すことが出来ないでしょう。「ナースキャップ」しかり、コスチュームには必要不可欠な要素があるということです。何を持ってメイド服とするのか、色々考えて組み合わせてみるのも面白いです。

今回の衣装は下地に黒色のワンピースなので、白と黒のコントラストが良い感じになっています。さらに黒ストッキングはやっぱり外せないですよね。絶対領域も欲しかったところですが、スカート部分が少し長かったのが残念です。それでも色の種類を抑えることで、落ち着いたクラシック風に仕上がりました。

単体では少し微妙な修道院風の服でしたが、エプロンと組み合わせることで、なかなか評価が上がりました。ドール服は高額ですので、所有している服の組み合わせで新しいコーディを見つけると、より安価にドールを楽しむことが出来ますね。



IMG_2672a.jpg

関連記事
スポンサーサイト
Category: 僕は友達が少ない
Published on: Thu,  08 2016 07:02
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment