無駄使い報告【10】フィギュアとドール

そろそろ最終回?
今回の主題は「無駄使いこそ個性を決める」です。

さて、今まで無駄使いを報告してきたわけですが、最も無駄使いとは、言うまでもなく「趣味に使うお金」です。私の場合、当然ながら「フィギュアとドール」です。フィギュアやドールは嗜好品であり贅沢品です。ちょうど一年前に私がドールに出会わなければ、ここまでお金を掛けることは無かったでしょう。一年間に使った費用は、概算で10万円程度だと思います。ヘッドのためのフィギュアは一体1,000円程度します。ドール本体は2,000円ですし、ドール服なんかは最高額で一着4,000円のものもあります。実際には使っていない服なんかも沢山あります。自分のファッションに興味が無い私ですので、自分の衣服に掛けるお金の何倍も投資している気がします。

ドール趣味は人に自慢出来るものではありません。普通の人にブログを見せても、やっぱり嫌悪感の方が強い印象を受けます。同好の人ならば多少は見てくれるでしょうが、大学生でも無い私に、現実で同じ趣味を持っている人に出会うのは難しいです。そもそも自分自身が、そこまでドール好きでは無い部分も多分にあります。ドールに対して熱烈な思いを持っている人とは逆に話が出来ないような気もします。所詮は私にとって「暇つぶし」のレベルであり、仮に今すぐドールを辞めても問題無かったりします。

確かに始めた頃は、ドールの面白さや楽しさを感じていました。子供の頃、男の子だったこともあり、着せ替え人形こそ遊んだことはありませんが、レゴやガンプラなんかは好きで、色々自分でカスタマイズをして楽しんでいました。そんな私が青春時代にオタクとなり、美少女ゲームに触れていく中、「美少女のカスタマイズ」に興味が無いわけがありません。ネットゲームで男女選べるならば、必ず女性を選びます。キャラクリエイトは自分の美少女の理想像を目指すものです。

そこで出会ったドールという世界。ヘッドを作るという高い壁がありましたが、フィギュアヘッドを使うことで克服。好きな版権キャラクターに手軽に着せ替え出来るという点は非常に魅力でした。きっと既製品のヘッドだけであれば、すぐに飽きていたかも知れません。ドールヘアの表現の広さは魅力的ですが、取り扱いの難しさは当然あります。フィギュアヘッドは雑な私には取り扱いやすく、ガシガシ触ることが出来ました。私は無駄だと分かりながらも、フィギュアやドールにお金を掛けていました。

結果として、この無駄使いこそ私のブログの個性なのです。私は無駄使いをしなければ、ブログの個性を出すことは出来なかったでしょう。そもそも個性の無い私は、きっとブログ自体を始めていなかったでしょう。極論から言えば「最低限の衣食住」に使うお金以外は、全て無駄だと言えます。そこには同じ人間であるがゆえに個性を出すことは出来ないでしょう。お金の多寡はあるものの、人は何か無駄使いをしないと、個性を出すことは出来ないのです。

正しい無駄使いをして、これからも個性のあるブログを目指したいものです。
と言いながら、最近元々の趣旨である「フィギュアヘッドを使った改造」を怠っていたので、次回は改造したいと思います。

≪使用素材≫
僕は友達が少ない プレミアムメイドフィギュア“柏崎星奈” ウエイトレス メイド コスプレ(トレー欠品)580円


IMG_2649.jpg

関連記事
スポンサーサイト
Category: 僕は友達が少ない
Published on: Mon,  05 2016 23:04
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment