低価格でドールを楽しむ

Welcome to my blog!

無駄使い報告【7】スロットコントロール

2016/08/31
這いよれ! ニャル子さん 0
ご存知ですか?スロットコントロールという機能について。
今回の主題は『エコとアクセル出力は二律背反』です。

物事の価値とは、捉え方一つで180°変わります。最近の自動車に機能として装備されていることが多いエコ運転モードというものがありますが、こちらは燃費を上げる代わりにアクセル出力を落とす機能となっています。エコ運転モードをオフにすると鋭い加速を行うことが出来ます。エンジンをかけた時の初期値がエコモードになっているので、その存在を段々忘れてしまいます。鋭い加速が必要なのは、日本の道路では高速道路の合流ぐらいで、下道を走行する場合は、すぐに前の車に追いついてしまうので、必要性を感じません。

調べたわけではありませんが、たぶんエコモードもスロットコントロールの一種だと言えます。車自体のエンジン出力はが変わるわけではありません。では何が変わっているのかというと、アクセルペダルの感度が変わっているのです。エコモード時はアクセルペダルが鈍感になり、強めに押さないと早い加速は得られません。逆にエコモードをオフにすると、軽く踏んだだけで機敏に動きます。

つまりエンジン出力方法が変わるのではなく、人間の感覚をコントロールすることにより、燃費を向上させているのです。最近の車は燃費を伸ばすために、かなりマイルドなアクセルペダル調整を行っています。それが運転時のモッサリ感を出しているのです。最近はタコメーターが無い車が多いですが、実はエンジンの実際の余力を隠すために標準装備にしていないのかも知れません。

そんなエコという名の元に、本来の走行性能を制限されているものを解放してくれるのがスロットコントロールです。こちらの装備はクルーズコントロールに機能として備わっていました。エコモード5段階にスポーツモード7段階の設定があり、ボタン一つで、いつでも変更することが出来ます。極端に設定を変えると、まるで別の車かと思うほどの挙動をします。気分によって走り方を変えることが出来るので、運転そのものの幅を広げてくれます。

ただ、こちらの機能、使っているかと言われると、正直使っていません。いつもエコモード5の設定にしています。その理由は前述した通り、日本の道路は急加速を必要とするところが無いためです。アップダウンの大きい山道を走る分には使えると思いますが、それ以外は少し微妙ですね。

本来はクルーズコントロールのために購入したので、特に後悔はしていません。エコモードを解除させた時に、マイカーの真価が発揮されるわけですが、その必要性が出る時があるのか、今のところ予定はありません。それでも自分の感覚に合わせてアクセルペダルの感度を調整出来るという点は、色々な人が乗るレンタカーなんかにあると便利かも知れませんね。

IMG_2626.jpg
IMG_2626a.jpg
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
さつき
Admin: さつき
兵庫県三木市出身男性。高校までは地元で育ち、18歳で京都へ上京する。立命館大学では哲学を専攻し見聞を広めた。中学生から始めた小説創作は、大学の文芸サークル卒業するまで続く。22歳で愛知県名古屋市の業務用厨房機器メーカー営業職に採用され、学校給食センターや病院などに販売及び納入した。28歳で結婚し、翌年に転職。現在は愛知県武豊町から食品メーカー物流部事務職として会社へ通勤している。32歳で一子を授かり、ドールと子育ての両立を目指す。趣味はアニメ鑑賞と銭湯巡り。
這いよれ! ニャル子さん