貯金のススメ【5】出来ればタバコやギャンブル、大人の夜遊びは控えよう。

運が良いことに、私はタバコは吸いませんし、ギャンブルの趣味はありません。
今回の主題は「やっぱり貯金が少ない人は、常習的にお金を使う人だ」です。

タバコは本当に高くなりました。私が子供の頃は200円以下だったのに、今や一箱400円以上かかります。400円といえば、安いコンビニ弁当であれば購入することが出来る金額です。昔にあった「タバコを吸う人はかっこいい」というイメージは崩れ、今や肺癌などの病気の元になったり、副流煙による周辺への悪い影響を与えてしまいます。私の父親はタバコを嗜んでいるのですが、「家の中では吸ってはいけない」というルールがあったため、タバコを吸うためにコソコソ外へ出ていく姿を格好良いとは思いませんでした。反抗期はあったものの、不良にまではならなかったので、結果として「吸わず嫌い」のまま今に至ります。一度も吸ったことが無いので、吸いたいと思わないわけです。

また父親はギャンブルであるパチンコを嗜むのですが、これも母に「勝手にお金を使って!」と怒鳴られる姿を見ていたが故でしょうか。それともパチンコ屋の音やタバコが肌に合わなかったのか。パチンコそれ自体は触ったことはあるのですが、運が良く、人生初めての経験が非常に苦いものでした。「勝った。負けた」の話ではありません。人生初めてパチンコ台にお金を入れた時は今でも忘れません。なぜなら、お金を入れたら自分の台ではなく、隣の人の台に貸し玉が流れていったからです。そう、私はお金を入れる場所を間違えてしまったのです。勿論お金は帰ってきませんでした。

大人の夜遊びに関しては独身時代に覚えました。しかし専ら二次元世代の私にとって、成年漫画雑誌で十分でした。そもそも今の時代はレンタルビデオも豊富に揃っています。コンビニでも成年雑誌は容易に購入でき、ネットでは情報が溢れています。本番への魅力は、そこまでお金を出してしたいものではありませんでした。とはいえ、他の人と一緒に行くキャバクラ関係は少しだけ嗜みましたけど、ただ一人で行きたいとは思いませんでした。

このような高額趣味は出来るだけ避けたいものです。勿論上記趣味にお金を使うことは否定しませんし、タバコなんか喫煙者様がいるからこそ税収がある部分もあるので、本来感謝するべきなのでしょう。ただ、やっぱり「別に無くても生活に問題無いもの」は趣向品であるのは間違いありません。要はコストパフォーマンスです。お金を支払った分だけの満足感があれば良いと思うわけです。

では「お金を支払った分だけの満足感」とは何か。それは次回で。

IMG_2536.jpg
IMG_2536a.jpg
関連記事
スポンサーサイト
Category: 初音ミク(DIVA版)
Published on: Thu,  11 2016 11:35
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment