小物とドール撮影の難しさ

そろそろ違うドールを使わないと、見る方も飽きてしまいますよね。
今回の主題は「小物とドール撮影は、かなり奥が深い」です。

皆さんはドール撮影の時、当然ドールを中心に撮影しますよね。私も基本的にはドールを中心に撮影するのですが、机を自作したので、そちらと一緒に撮影しました。すると、撮影時に非常に迷ってしまいました。それが小物とドールのレイアウトです。最初は椅子に座らせたり、カップを持たせたりとしてみたのですが、どうもしっくり来ませんでした。原因はきっとドールと小物のサイズが違うことから来ると思われます。そもそもドールだと座らせるのが難しいですよね。可愛く座らせることが出来た試しがありません。本当は自作した机を紹介するつもりでしたが、思わぬところで伏兵が隠れていました。

とはいえ、机は100均を利用して作成しました。ダイソーで見つけた机のミニチュアに、アンティーク飾りをグルーガンで取り付けました。そのままだと安っぽさが出てしまいますが、装飾を付けることで高級感が出ます。本当は白ではなく、茶色にした方がより効果があると思います。一応発生した費用は300円です。ちなみに食器なんかは、ドールショップでセットで売っているやつで、どこでも入手可能です。

アクリルアイのドールは表情が無いがゆえに、色々な表現ができます。難しさはアニメヘッドの比ではありませんが、奥深さはあるので、こんなに続いてしまっているのかも知れませんね。


Related Entries
Category: オリジナルドール(アクリルアイ)
Published on: Thu,  23 2016 19:00
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment