おっぱい撮影への挑戦4

巨乳の衝撃はいかに!?
今回の主題は「大きすぎるのも悩みもの」です。

前回の記事で胸の大きさに触れていたものの、おっぱい写真を載せていなかったという失跡をしてしまいました。というわけで、最も安価にドールに出来る裸エプロンでの撮影です。エプロンだけ購入すれば可能なので、かなり安価に作ることができます。男のロマン(?)の裸エプロン、エプロンさえあれば再現できるので、一着は持っておくことをお勧めします。

写真の方ですが、かなり苦労しました。なぜ苦労したかというと、乳首を隠すためのエプロンの微調整のためです。普通に着用させると、そのあまりの豊満さに乳首が見えてしまいます。まあドールなので見えても問題ないとはいえ、やっぱり見せないのが良いと思うわけです。因みに他のドールと異なり、しっかりと乳首まで作り込まれているのがボークス製の特徴です。さすがに色は塗られていませんが、必要な紳士の方はアクリルペイントで優しく塗ってあげましょう。

うーん、それにしても、対応する服が少ないこのボディの活用は本当に難しいです。


関連記事
スポンサーサイト
Category: オリジナルドール(アイペイント)
Published on: Fri,  03 2016 19:00
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment