作ってみたいキャラクター:ロロ

デフォルメキャラって難しくないですか?
今回の主題は「プレイステーション1で初めて購入したソフトは何ですか?」です。

私はどちらかというと任天堂派でした。FF7などがPS1で発売され、PS1を持つことが常識となる中、私は頑なに64をプレイしていました。どうやら私の場合、みんなが持っているものよりも、少数派を選ぶ傾向があるようです。友達がこぞってMDプレイヤーを使っている頃、私はMP3データの再生できるCDプレイヤーを持っていましたね。

そういうわけで、かなり後になってPS1を購入したわけですが、本体と同時に購入したのが「風のクロノア」でした。3Dで描かれた可愛らしいキャラが画面の縦横無尽に掛けめぐる「2Dアクションゲーム」でした。当時は購入したのを失敗したかな、と思いました。それなりにゲームをしていた私にとって簡単過ぎで、4時間程度で全クリアしてしまうボリュームにもがっかりしたものです。しかし隠しステージの凶悪な難易度にハマってしまい、タイムアタックだけはひたすら挑戦したものです。それでも音楽や世界観は優秀で、ストーリーの切なさは好きでした。

そこから月日を経てPS2で発売されたのが、続編である「風のクロノア2」です。前作のボリューム不足を解消したステージの多さや、相変わらずのキャラクターの愛らしさが素晴らしかったです。そんな中、ヒロインとして登場するのが「ロロ」です。正直あまり覚えていなかった気もしますが、3Dでパタパタ動く彼女の姿は非常に魅力的でした。またゲーム中に使われるクロノア語が、その絵本の中の世界観に魅力を与えていたのでしょう。

イラストの方はというと、デフォルメされたキャラクターというのは正直書くのは苦手だったりします。線が少なくて簡単そうに思えるのですが、線が少ないがゆえに絶妙な顔パーツのバランスが求められます。顔の輪郭線や目の大きさが非常に難しいですね。


関連記事
スポンサーサイト
Category: 手書きイラスト
Published on: Thu,  26 2016 19:00
  • Comment: 0
  • Trackback: closed

0 Comments

Post a comment