劇的? ビフォーアフター

今までの3体のアイペイントっ子がどういう感じに変わったのか、まとめです。
今回の主題は「アイペイントは完成してからが本番だ」です。

3体のアイペイントを作ってきましたが、なんだかんだで全ての子に修正ないしはリペイントを行っていました。左が完成時の写真で、右が修正後の写真です。リペイントをしている場合もあれば、つまようじで線を細くしたりしている場合もあります。いずれも印象がガラッと変わりますね。個人的には1作目は初めてともあり、現役で棚に飾っています。2体目は少し残念な出来なので、今はボックスの中で眠っています。3体目は最初こそ微妙で仕方ありませんでしたが、リペイント後は別人に化けた感じがします。唯一リアル調のヘッドとして現役です。

アイペイントの醍醐味は作った後に修正を加えることが出来ることです。一度作っても諦めずに工夫し続けると、いつか自分が満足できる出来まで出来るかもしれません。とはいえ、一度完成したアイを消すには勇気が必要です。そして二度と同じアイを書くことは出来ないです。だからこそ唯一無二なドールを仕上げることが出来るわけです。自作という点ではアクリルアイとは異なりオリジナリティが強く出ますね。

とはいえ、そろそろアクリルアイのドールも挑戦したいというのが本音です。

≪1体目≫


≪2体目≫
page4.jpg

≪3体目≫
page5.jpg

Related Entries
Category: オリジナルドール(アイペイント)
Published on: Tue,  24 2016 19:00
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment