小物紹介:日本刀

ずいぶん前から所持していたのですが、なかなか使う機会が無かったです。
今回発生した費用は400円です。

名古屋大須のアゾンで見つけた1/6用の日本刀の紹介です。そんなに期待せずに購入したのですが、案外出来が良かったです。ガンプラとかの刀よりも色がしっかりしています。金属ではないので軽く、結構長いですが、関節の保持力を維持することが出来ます。1/6サイズは小物に恵まれている点で優れています。ただフィギュアヘッドは笑顔のことが多く、なかなか刀に合う表情が無かったことが、今まで使わなかった要因だと思います。

アニメ表現で、瞳のハイライトが無いと、そのキャラクターの冷酷さや異常さを出すことが出来ます。こういった表現は個人的には好きです。たまに見せる冷徹さというギャップが良いのかも知れません。他に気を失う直前の状態や何かに操られた時とかによく使われます。ただ実際はハイライトが消えているだけなので、実際は単純に光が当たってないだけという感じなのでしょうね。

漫画やアニメにおいて瞳の書き方はかなり重要です。漫画を見る時、少し注意して瞳の書き方を見ると、なかなか面白いです。アイペイントの参考にするものの、実際にアイペイントすると、そんなに細かい表現が出来ないことが分かります。まあ筆で書くわけですから、当然といえば当然です。

そういえばアイペイントの書き方の本も売っていたと思うので、今度買ってみようかな。


関連記事
スポンサーサイト
Category: とある魔術の禁書目録
Published on: Wed,  11 2016 19:00
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment