低価格でドールを楽しむ

Welcome to my blog!

ドレス姿2:マルチ

2016/05/07
To Heart 0
服の古さが使用人っぽさを醸し出しています。
今回発生した費用は0円です。

ドール服の内訳で多いのが『ドレス服』です。女性はドール遊びを通じて、ドレスに憧れるのでしょう。やっぱり女性が一番華やかに見える服装なので、私も好きです。その次に多いのが『着物』です。少しカジュアルに着付けすると、普段見ることが出来ないため、結構可愛く見えます。最後は『ワンピース』です。上下セットなので安価に一式が入手できます。実際の上下に分かれている服は、それ単体で費用が発生するので少ないです。上下合わせるのが本来の醍醐味なのでしょうが、実際は服装のコーディという点ではそれほど多くはありません。

やっぱりドールを初めてから加速度的に増えていくのが衣類関連です。1/3に比べて1/6はリカちゃんなんかの服が使えることがあるのは有り難いです。しかし上を見ると価格的にはそんなに変わらず、逆に細かい装飾を探すと、5,000円から10,000円の価格帯も珍しくなくなってきます。それでも以前名古屋のアイ・ドールに行った時に1/3用のウェディングドレス一式が30,000円程度で販売されていたので、どこまで投資するかは、ドールオーナーにとって悩みどころですね。

だからこそ、週末になると中古ショップで掘り出し物を探す私がいるわけです。ちなみに私の金銭感覚では、1着1,000円レベルで購入するのが常で、最大2,000円が出せる最高金額かな。けれど本当に出来の良い衣装に出会った場合は、それ以上の価格でも。もちろん購入してしまうかも知れませんけどね。


関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
さつき
Admin: さつき
兵庫県三木市出身男性。高校までは地元で育ち、18歳で京都へ上京する。立命館大学では哲学を専攻し見聞を広めた。中学生から始めた小説創作は、大学の文芸サークル卒業するまで続く。22歳で愛知県名古屋市の業務用厨房機器メーカー営業職に採用され、学校給食センターや病院などに販売及び納入した。28歳で結婚し、翌年に転職。現在は愛知県武豊町から食品メーカー物流部事務職として会社へ通勤している。32歳で一子を授かり、ドールと子育ての両立を目指す。趣味はアニメ鑑賞と銭湯巡り。
To Heart