おっぱい撮影へ挑戦3:フェイト・テスタロッサ

綺麗な写真には、まず綺麗なおっぱいを。
今回発生した費用は1,600円です。

新ボディ導入です。DDでお馴染みのボークス製の1/6サイズ素体です。名古屋のボークスでは基本的に1/3サイズが売りのため、1/6サイズはそのうち撤去されるのではないかと思うほどコーナーが小さいです。そんな小さいコーナーで、あまりアゾンやオビツに比べると知名度の低い1/6サイズボディですが、思うほど悪くありません。体のラインはオビツよりも強調されており、単純な立ち姿では一番良いのではないかと感じます。ただしオビツよりは可動域は狭く、柔らか素材も胸のみという欠点があります。しかしボディしか付属しない他のメーカーに比べて、ヘッドが付属しているのはポイント高いですね。ただ手のバリエーションが無いのが辛いところではあります。オビツとアゾンの中間的な存在のボークス素体ですが、コストパフォーマンスも悪くないので、一度手に取ってみると良いと思います。着用可能な服は少なくなりそうですが、爆乳があるのもボークス製の強みではないでしょうか。

物撮りに関してですが、大分コツを掴んできた感じです。今まで正面のライトを手で隠して調整してきましたが、光を調整するためにライトの前に可動できる段ボールを取り付けることにより、イメージに近いライティング管理ができるようになりました。ようやく一眼レフを使うことが出来始めた感じです。全体像よりもバストアップの方がいい感じに仕上がりますね。

≪使用素材≫
ボークス製1/6ボディ 美乳タイプ 1,600円


ついでに撮影環境の紹介です。「こうすればもっと良いよ」というアドバイス、お待ちしています。レフ板に関しては、3個ライトを使っているため「光量は十分」と判断して使っていません。カメラ雑誌は多いものの、物撮り専用雑誌となると、あまり出回っていないため、ネットからの情報や独学で試行錯誤してきました。その前に、もっと一眼レフを使いこなさないといけませんね。外に一度も持ち出したことのない、箱入り娘なKissX7さんですから。

*下の写真自体はウインドウズタブレット内臓カメラにて撮影。
WIN_20160415_06_49_40_Pro.jpg

関連記事
スポンサーサイト
Category: 魔法少女リリカルなのは
Published on: Mon,  25 2016 19:00
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

2 Comments

ジョン・ディー  

1

ライトは直接照射するよりレフ板で反射して当てると柔らかくなっていい感じですよ
光を如何に散らすか、如何に柔らかくするか、が物撮りで意識すると良いと言われています
勿論例外はありますが……

2016/04/25 (Mon) 20:55 | REPLY |   

さつき  

Re: 1

いつもコメントありがとうございます。

レフ板もなかなか違いが出せなかったので、どちらかというと、撮影ブースの方に工夫をした方が良いのかな。四方をレフ板変わりに囲むとか。ただ四方を囲むと微妙に取り回しがしにくくなるのですよね。

実際撮影の時は直接被写体に光を当てないように調整していたりします。実はクリップライトの周りに白紙を巻いているのですが、少し伸ばしも良いかもしれません。電球は電球型蛍光灯なので、レフ効果を期待してという感じかな。

とはいえ、そろそろ撮影ブースも刷新を考えても良いかも知れませんね。

2016/04/25 (Mon) 23:16 | REPLY |   

Post a comment