諦めないアイペイントっ子

実は忘れていませんでした。
今回発生した費用は0円です。

絶望的な出来だった2体目のアイペイントっ子は約2週間もの間、カラーボックスの隅に鎮座していました。生首の状態で、まるで捨てられた猫のように私を見つめる子に対して、重い腰を上げたのでした。瞳にネイルを縫っていたので、まずは薄目液で除去をして、再度着色を行いました。目の大きさに関しては、これも個性だと思い、そのまま生かすことにしました。線を出来るだけ綺麗にまっすぐ描くことを重視しながら作業すること1時間。あまり前回と変わっていない感じもするものの、まあ形にはなりました。

次に髪のカットです。初めてのカットではないので、やり方自体は知っていたのですが、お手本通りにするにはかなり面倒だったので、お湯パーマ後、直接ハサミを入れました。素人がカットで個性をつけるのは難しく、とりあえず前髪だけ切り終えたところで、人生初めての「三つ編み」に挑戦してみました。髪を三束にわけて、適当に編んでみたら、思いのほか簡単に出来てしまいました。写真では写っていませんが、後ろ髪も三つ編みになっています。

二体目となるアイペイントっ子ですが、一体目と全く似ても似つかぬ感じになりました。個人的には同じキャラクターで表情差分が作ることができると良いのですが、私の腕では二度と同じキャラクターを作ることは出来ない感じですね。まあ、それがハンドメイドっぽくて良い部分なのかも知れませんね。


関連記事
スポンサーサイト
Category: オリジナルドール(アイペイント)
Published on: Sun,  20 2016 19:00
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment