ドール恋愛記【07】この物語のオチ

結局、彼女との行為は6回ほど続いたあと、あっけなく終わりました。
今回の主題は「相手に判断を委ねることは、最も愚かなことだった」です。

結論だけ言うと、彼女は私の友達と一か月後別れ、すぐにサークル内の他の先輩と付き合い始めました。そして6回ほど続いた私の彼女の関係も元に戻りました。飲み会だと隣に座ってバカ話をして、カラオケでは二人でデュエットをしました。しかし夜の関係になることは一切ありませんでした。

今になって私は思います。相手に判断を委ねることは、最も愚かなことだったのです。私は自分からどちらかを選ぶべきだったのです。彼女の誘いを断るのか、それとも欲望の赴くまま、素直に行為に及ぶのかを自分の意志で選択するべきでした。その6回ほど続いた行為は、もしかすると彼女にとって贖罪だったのかも知れません。それとも単に寂しさを紛らわすためのものだったのかも知れません。ただ今となっては知る術はありません。

結局のところ、私はどうしたかったのだろうか。あの時、別の言葉を選んでいたら、彼女と付き合う人生もあったのだろうか。

そして、この物語のオチ。
大学を卒業する直前、実は彼女と二人きりで一夜を過ごしたことがあります。最後の卒業祝いとのことで、再び夜の営みに誘われました。もちろんその時の彼女は先輩と付き合っていました。やっぱり彼女にとって単純に行為そのものは意味を持たなかったのかも知れません。少し間をおいて、私は次のように答えました。「やっぱり、やめておくよ」と。その時の私には将来奥さんとなる人と付き合っていたためです。当然の判断だったと思います。

そして結婚した今も、心の片隅に思い浮かべます。
――据え膳食わぬは男の恥。
うーん、折角なら、やっぱり、しておけば良かったかな……。

というわけで、ここまで読んで頂いてありがとうございました。
IMG_1213.jpg

関連記事
スポンサーサイト
Category: ハナヤマタ
Published on: Tue,  29 2016 19:00
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

2 Comments

鳴らない携帯  

No title

こんばんは。
なかなか濃い内容でした。

でもキャンパスライフならではの体験じゃないかなって思いました。

社会人になると、これがまた女性との接点が、
環境によると少なくなりますからね。

男ばかりの職場とかw

僕は結局、出会いを求めて同人イベント等に赴きましたが、
せいぜいよくて善いお兄さんレベルぐらいで終わってしまったので、
人生における女性体験は、キス止まりで終わってしまいましたw

でもまぁ、現在の生活レベルからすると、
人としては独身でよかったのかなって思ってます。




2016/03/29 (Tue) 21:43 | REPLY |   

さつき  

Re: No title

コメントありがとうございます。

いやはや拍手ボタンの回数も微妙に伸びない傾向にあった企画でしたが、感想を頂いて救われました。ありがとうございます。やっぱり、もう少しドールに関して話題を増やすべきですかね。

10年以上前の事柄でしたので、自分でも書いていて当時の気持ちを整理することができました。今思えば、彼女キスをしたのかすらも覚えていません。ただ自分の人生に大きな影響を与えたのは間違いありません。

次回企画でドール結婚記も執筆中です。もしお時間があれば読んで頂けると嬉しいです。

どこに向かうのか分からないブログですが続ける事ができれば良いな。

2016/03/29 (Tue) 23:02 | REPLY |   

Post a comment