ドールヘッドとフィギュアヘッド

今回はドールヘッドとフィギュアヘッドの話題を一つ。

ヘッドに関して今まで他のフィギュアからの転用を紹介してきました。一般的にドールのヘッドといえばガラス瞳に人工の髪の毛というイメージです。実際最初に購入した一式では瞳も無いのっぺらぼうのヘッドを購入しました。とにかく初めてだったので、右も左も分からずに購入したのですが、瞳を書いたり、ガラス瞳を取り付けたりと不器用な私には困難でした。
そんな折、「ねんどろいど+オビツドール」という付け替えの記事を発見。しかし最初に購入したのは25センチオビツドール。そこで他のフィギュアからの転用ができないかと思い、フィギュアヘッドを使用するようになりました。
フィギュアヘッドはドールヘッドと異なり、カスタム性は低いですが、髪の手入れや化粧等の作業が不要です。そして何よりの利点として、キャラクターの顔をそのまま再現できるという点です。ドールヘッドだとキャラクターに似せることはできても、ドールヘッドの種類が限られている以上、再現は困難で高度な技術が必要です。その点フィギュアヘッドはドール初心者に取り扱いの点で優れており、またドール特有の顔の雰囲気を和らげることができます。
と、言いながら、その後瞳のデカールを使って仕上げたフィギュアがあるため紹介。発生した費用などは、また別の機会に紹介しようとは思います。既製品ではなく、すべて手作り品となります。既製品を活用している私では製作できませんね。ただし手作りの服というのが最も低価格でドールを楽しむ方法なのかもしれません。

PA060183.jpg
関連記事
スポンサーサイト
Category: オリジナルドール(アイペイント)
Published on: Tue,  06 2015 23:18
  • Comment: 0
  • Trackback: closed

0 Comments

Post a comment