アイペイント再び

諦めません、かわいい子が出来るまでは。
今回発生した費用は950円です。

前回の反省を生かし、下記の点を変更しました。

①コスト削減のため、植毛済みヘッドを使用。
②先に書く瞳のイメージを紙に下書きをする。

まず①に関しては、ウィッグのコスト削減のためです。ウィッグが500円程度なら、気軽に髪型を変えることができるので良いのですが、さすがにボディ本体よりも高額なのは頂けません。4インチ用のウィッグなら比較的安めに販売されていたのですが、アニメヘッド用の大きめのヘッドの場合は、4.5インチ用の方が望ましいようで、そうなると種類が少なく選択肢が限られます。欠点としては髪がアイペイント時に邪魔になるところです。髪を縛って書くつもりですが、ただでさえ苦手なドールヘア、うまく取り扱いができるのかは不明ですね。

次に②に関しては、前回直接ヘッドに下書きしていましたが、何も考えずに書くと、また同じような瞳になってしまう可能性が高かったので、雰囲気を掴むために書いてみました。モチーフは「うたわれるもの」の瞳を参考にしながら書いてみました。ただ、やっぱり左右を均等に書くのは出来ませんね。実際書く場合は、極力左右を同じ大きさで書きたいものです。とはいえ、ポイントは掴めたつもりです。まずはマツゲを細めに書いているのと、二重まぶた、それに特徴的な瞳の形です。本当は円の瞳も憧れるのですが、同じサイズの円を描く自信がないので、楕円形の瞳を選択しました。あとは正面ではなく、少し左目によった形にしてみようと思います。

二回目だけでうまくいけば、誰も苦労はしません。まずは最後まで我慢強く描き切ることが大切ですね。

≪使用素材≫
植毛済みヘッド 950円

IMG_1049.jpg

(誤字)緒戦→挑戦
関連記事
スポンサーサイト
Category: オリジナルドール(アイペイント)
Published on: Wed,  09 2016 18:59
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment